So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

世の中とんとん

2018/7/20 (敬称は省略)
世の中とんとん
② 未経験とか数十年ぶりとかの報道が多い。 災害だけに限らない。 政治社会現象でもそれに影響された事象がそこかしこにあるのかもしれない。 いずれそのことがあとあと現実のこととして顕在してくるように思う。 
その意味で昨日オバマがどこかで言った政治的ストロングマン横行の時代に対する危惧は世界に対する警鐘かもしれない。 いまこういうときにやはりオバマの警句は流される世界に対しての一方の見識を訴える理性的な意味合いと受け止めたい。 アメリカにはそういう一方の明確な知性と理性が厳然と存在する。  中国・露・トルコそして日本の見かけストロング勢力がこのままではとても危なっかしい。  それに巨大な欧州がイギリスの離脱後遺症の病をいまだ引きずってドイツ・仏だけでは欧州をリードできない。 せっかくの北東アジアは期待に反して元の木阿弥の先祖返りの様相を呈しつつある。  日本はそんな中、自らを変革できないことになんら違和感を感じない今までの漂流の中に安逸を求めて動こうとはしないのはアメリカの足下で動けないとの言い訳に安住しているからだが、いずれ国際のバランスはプレートがジワリと動くようにいつまでも止まってはいないことを知るべきだ。  そして必ず好悪にかかわらず変化に対応せざるをえない未経験の事態に遭遇することになる。 日本が本当のストロングマン政治国になっているかどうかはこれからの国際政治の中で本質的にどう泳ぎ切れるかに掛かっている。 その最大のターゲットは対米国との付き合い方で、それの反射が大陸側の諸国とにどんな陰影を照射するのか問われることになる。 日本自らが大陸に照射することはいまもこれからも少ないのはいままで通りかも。 それほどに米国の日本への照射力は強いのだが、日本は逆に米国にも照射力を持つべきかもしれない。 その意味での日本のストロングマンたり得ているかどうかは日米に長年の未経験なゾーンが長かったので本当の意味では日本はまずはその経験を積んでゆく努力をすべき時期にあるとは言える。 日本は見かけだけのストロングマン政治国ではなく余りにも一方の政治勢力が弱すぎることが最大の欠陥かもしれない。 やはりアメリカのように対立軸の野党がストロングでないと勝負にはならないのである。

① 小泉父の動きがそれなりに活性化しているが・・・・。  アベは誰のお陰で総理になれた?   なにか急ぎ過ぎだょ。  
進次郎はもう私が懸念することはない。 十分にあれはなりに育っている。 その進次郎は6増法案に賛成票を投じた。
国会が終われば同志とこれからの大国のインドを見に行くとのこと。 父純一郎は細川・小沢と昔のトップらとの繋がりを有効に繋げていけないのは彼らがもう過去の人だからか? 小泉父も昔に比べては剛腕とスピードも落ちた感は否定できない。 やはり進次郎をバックに親バカを演じてゆくのであろうか? アベの急ぎ過ぎにはやはり体が思うように利かないことがあるのであるか?
はなしは変わるがアベ三選の後改造内閣があるとしたら、アソウをどう始末すのか? 重任してまたまた二人場羽織内閣を続けるのか? まさにふたりは死ぬまで一緒? 気持ち悪すぎる!!! それにしても財務省の改ざんは重罰はもともと当たり前だろう。
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://new-life-club.com

nice!(0)  コメント(0) 

世の中とんとん

2018/7/20 (敬称は省略)
世の中とんとん
① 小泉父の動きがそれなりに活性化しているが・・・・。  アベは誰のお陰で総理になれた?   なにか急ぎ過ぎだょ。  
進次郎はもう私が懸念することはない。 十分にあれはなりに育っている。 その進次郎は6増法案に賛成票を投じた。
国会が終われば同志とこれからの大国のインドを見に行くとのこと。 父純一郎は細川・小沢と昔のトップらとの繋がりを有効に繋げていけないのは彼らがもう過去の人だからか? 小泉父も昔に比べては剛腕とスピードも落ちた感は否定できない。 やはり進次郎をバックに親バカを演じてゆくのであろうか? アベの急ぎ過ぎにはやはり体が思うように利かないことがあるのであるか?
はなしは変わるがアベ三選の後改造内閣があるとしたら、アソウをどう始末すのか? 重任してまたまた二人場羽織内閣を続けるのか? まさにふたりは死ぬまで一緒? 気持ち悪すぎる!!! それにしても財務省の改ざんは重罰はもともと当たり前だろう。
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://new-life-club.com

nice!(1)  コメント(0) 

世の中とんとん

2018/7/19 (敬称は省略)
世の中とんとん
① どうもトランプとプーチンの会談が歯切れがわるく、いつものトランプの冴えがない。  やはり辣腕プーチンが他国の選挙に介入した模様は完全否定できないかも。  その意味ではトランプは正直だ。
もしそうならば反トランプ陣営は最後の最後まで彼を追いつめるかも。
それにしてもプーチンはもう殆ど20年ちかく世界の指導者の一角の孤塁を
守っていまだソビエトの潰れた夢を未だ執念深く追っている。
いま世界の政治指導者は長期政権を維持することが多い。 トルコのエルドアンもそうだし、中国の習もそれを狙っての毛沢東に続く独裁者への足がかりを確実にしたようだが、さいきん足下でまさかの反習運動が起こって中国の政治の季節の再来を予想する事変もあるようだ。
翻ってわが日本はアベの長期政権をと大方は予想しているが、国民の本音とのずれはそのままで日本自体にこの国の形をこうだと断定できるほどの確信はいまだ提示されていない、
米国次第のつまりはあなた任せ次第な有様が正直なところではあるまいか?
国家としてのあるべきアイデンティティなんて大げさに言うべきものは別にしても、なにか流されて漂流している感じは抜け切れていない。
とにかく経済、経済がすべてで食えればそれでいい。
国丸ごとがその体である。
二階が偉そうにぶったことばが、いまの日本で食うに困る家庭はもうない。
これを喝破する自民自指導者のこの言葉からは地を這うようにしてエサを探すネズミか兎を連想した。 その中身は草や食べ物だけでなく、人間の欲望の圧縮の投信や株やあらゆるすべての社会的欲望資産がそうである。
しかし人は立って空を見上げて思想する動物でもある。  地を這うだけでよしとはいかないのである。 考えもするし感情もあるのだ。 嘘でもうつくしい国となれば夢想もするのである。 腹立たしければ博打や薬に手を出してまわりの人に迷惑もかけるのだ。 そういう社会的動物の癒しがたい現実は食えただけではもう解決できない。
まさにひとはパンのみにてあらず。
仏の道はとにかく食えることだけにあるのか?
さすればキリストの方が人間をよく見ていると思えるが。
情のないあべには人間性を全く感じない。
こんな奴がトップであろうがなかろうがアッシには
まったく関係ないのであります。
あの紋次郎の言いぐさが一番このオトコには適当といつも思っている。
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://new-life-club.com


nice!(0)  コメント(0) 

世の中とんとん

2018/7/19 (敬称は省略)
世の中とんとん
① どうもトランプとプーチンの会談が歯切れがわるく、いつものトランプの冴えがない。  やはり辣腕プーチンが他国の選挙に介入した模様は完全否定できないかも。  その意味ではトランプは正直だ。
もしそうならば反トランプ陣営は最後の最後まで彼を追いつめるかも。
それにしてもプーチンはもう殆ど20年ちかく世界の指導者の一角の孤塁を
守っていまだソビエトの潰れた夢を未だ執念深く追っている。
いま世界の政治指導者は長期政権を維持することが多い。 トルコのエルドアンもそうだし、中国の習もそれを狙っての毛沢東に続く独裁者への足がかりを確実にしたようだが、さいきん足下でまさかの反習運動が起こって中国の政治の季節の再来を予想する事変もあるようだ。
翻ってわが日本はアベの長期政権をと大方は予想しているが、国民の本音とのずれはそのままで日本自体にこの国の形をこうだと断定できるほどの確信はいまだ提示されていない、
米国次第のつまりはあなた任せ次第な有様が正直なところではあるまいか?
国家としてのあるべきアイデンティティなんて大げさに言うべきものは別にしても、なにか流されて漂流している感じは抜け切れていない。
とにかく経済、経済がすべてで食えればそれでいい。
国丸ごとがその体である。
二階が偉そうにぶったことばが、いまの日本で食うに困る家庭はもうない。
これを喝破する自民自指導者のこの言葉からは地を這うようにしてエサを探すネズミか兎を連想した。 その中身は草や食べ物だけでなく、人間の欲望の圧縮の投信や株やあらゆるすべての社会的欲望資産がそうである。
しかし人は立って空を見上げて思想する動物でもある。  地を這うだけでよしとはいかないのである。 考えもするし感情もあるのだ。 嘘でもうつくしい国となれば夢想もするのである。 腹立たしければ博打や薬に手を出してまわりの人に迷惑もかけるのだ。 そういう社会的動物の癒しがたい現実は食えただけではもう解決できない。
まさにひとはパンのみにてあらず。
仏の道はとにかく食えることだけにあるのか?
さすればキリストの方が人間をよく見ていると思えるが。
情のないあべには人間性を全く感じない。
こんな奴がトップであろうがなかろうがアッシには
まったく関係ないのであります。
あの紋次郎の言いぐさが一番このオトコには適当といつも思っている。
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://new-life-club.com


nice!(0)  コメント(0) 

世の中とんとん

2018/7/18 (敬称は省略)
世の中とんとん
① アベが21日、仮病でズルすると思っていた最大の被害地へ舞い戻るという。
当然のことだがまだ少しは恥じる忖度を周りからつよく勧められたのかも。
それにしてもあの自民亭のバカ騒ぎの後シャカリキになって災害復興指示を連発しているが、別に特別なものは何もない。 交付金の前倒しにしても決まっているものを早く使えるようにしただけで、災害自治体ではこんな大災害で大きな別枠予算を宛がわなくては務まらない。 それに対してはノーアンサーだ。 このことの手当てが一番喫緊の課題である。
バカ騒ぎの埋め合わせにしては中身がない。  今までの国土強靭対策は一体何だったのだ? 土木ダム政策の国・県・村町の段階管理から一連の一括管理の流れが絶対に必要だ。 災害はそんな縦割りなんて関係ない。
その意味では今回も完全に人災だ。 いつまでこんな愚を繰り返すのか?
https://www.facebook.com/?sk=welcome      http://new-life-club.com

nice!(0)  コメント(0) 

世の中とんとん

2018/7/17 (敬称は省略)
世の中とんとん
① IMF が日本とEUの景気の曲がり角に到達したと発表した。 これは薄っすらとの我々の皮膚感覚と遠い違和感はない。 その中でトランプ・アメリカはひとり気を吐いている。 もうこれはオバマの遺産ではなかろう。 去年の一月から丸一年半を経過している。 世界に荒ぶるトランプのアメリカンファーストは曲がりながらも馬車馬のごとく疾走しているやに見える。 
もう我に屁理屈なしアメリカの意気・元気ここにありだと見える。  まずは中間選挙はモノにしたと言ってよい。  一方で中国の経済はいかにも根暗で成長の指数も明瞭に鈍化して調整に入ったとある。 それにしても加えて習国家主席の独裁化に反発する政治勢力の台頭もあるやに聞く。 いつも通りの政治の季節いりだ。
 そんななか、日本の成長はあるかないかの僅かに1%未満の低さである。
もない。 まあ言えば中国への輸出が鈍化すれば必然的に日本は今まで通り米中の漁夫の利なんて呑気なことは言っておれないのだ。 
世界の安保の負担の見直しと並行してアメリカの財政赤字の天文学的数値の是正を吠えるトランプがしゃにむに進めているのはある意味、アメリカの復元力の力強さを見る思いである。  やはりアメリカの政治システムの剛直なほどの強い大統領を生ましめるその選別システム力には、日本の柔な曲がりくねったつむじ風で本当の民意とは裏腹なエエ加減な奴でもトップに居れる太政官制度そのままの制度をいまも墨守するポンコツ政治とはまるで今昔の差があるのだと思う。  日本は何が何でもアメリカに負けて今があるとつくづくその僥倖に思いを致すほかはない。 トランプによって
アメリカは間違いなくリフレッシュすると思う。
② 国民民主党が伸び悩みどころか末端組織が壊死しかかっている。 つまらぬ共同代表制などという与党に靡くような柔な党組織を取ったため行き場を自分で狭めてしまっている。 当然に立憲民主への糾合へ大勢は向かうと思う。 敵前での大変な迂回は野党のオウンゴールの無駄な時間と勢力の減退を齎したものと思う。 この党は生まれた時から小池のふんぎりの悪さを宿命的に引き継いだ不幸な政党でそれが今も背に被さっていてこのままでは
フェードアウトしても不思議ではない。 とくに参院の大塚共同代表では治めきれない。  来夏の参院選の野党勢力の過大期待はこの党の盛衰如何では無理かもしれない。 しかし中途半端に引きずるよりはもっと徹底的に離合集散の上この党はなくなったほうがすっきりすると思う。 そして小池の呪いがその党と共に消える方がすっきりする。 思えばじつに小池というのは呪われたオンナというべきだ。 最近の学歴詐称騒ぎもエエ加減なこの人物の政治履歴に新たに上書きされたのを見てもいまも過去を引きずっている。 国民民主党はそういう意味でも雲散霧消したほうがいい。
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://new-life-club.com

nice!(1)  コメント(0) 

世の中とんとん

2018/7/17 (敬称は省略)
世の中とんとん
① IMF が日本とEUの景気の曲がり角に到達したと発表した。 これは薄っすらとの我々の皮膚感覚と遠い違和感はない。 その中でトランプ・アメリカはひとり気を吐いている。 もうこれはオバマの遺産ではなかろう。 去年の一月から丸一年半を経過している。 世界に荒ぶるトランプのアメリカンファーストは曲がりながらも馬車馬のごとく疾走しているやに見える。 
もう我に屁理屈なしアメリカの意気・元気ここにありだと見える。  まずは中間選挙はモノにしたと言ってよい。  一方で中国の経済はいかにも根暗で成長の指数も明瞭に鈍化して調整に入ったとある。 それにしても加えて習国家主席の独裁化に反発する政治勢力の台頭もあるやに聞く。 いつも通りの政治の季節いりだ。
 そんななか、日本の成長はあるかないかの僅かに1%未満の低さである。
もない。 まあ言えば中国への輸出が鈍化すれば必然的に日本は今まで通り米中の漁夫の利なんて呑気なことは言っておれないのだ。 
世界の安保の負担の見直しと並行してアメリカの財政赤字の天文学的数値の是正を吠えるトランプがしゃにむに進めているのはある意味、アメリカの復元力の力強さを見る思いである。  やはりアメリカの政治システムの剛直なほどの強い大統領を生ましめるその選別システム力には、日本の柔な曲がりくねったつむじ風で本当の゜民意とは裏腹なエエ加減な奴でもトップに居れる太政官制度そのままの制度をいまも墨守するポンコツ政治とはまるで今昔の差があるのだと思う。  日本は何が何でもアメリカに負けて今があるとつくづくその僥倖に思いを致すほかはない。 トランプによって
アメリカは間違いなくリフレッシュすると思う。
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://new-life-club.com

nice!(1)  コメント(0) 

世のなかいろいろ

2018/7/16 (敬称は省略)
世のなかいろいろ
② アベは仮病を使って本命の被災地広島をサボった。  まったく人非人の極悪人だ。 父晋太郎が生前によく叱ったズルの情なしそのままだ。 こんな奴が日本のトップとは毎度毎度のことで恥ずかしいが政府の会議で災害救援の追加指示を連発しておのれの不誠実を隠そうとしている。 じつに姑息だ。
もうこれで書くのもいやだがこんなのがのうのうと政府を束ねてわたしが行政の長でごさいますだって。  アホンダラ。  なにをチンタラ会議を仕切っているんだ!!!! くだらん場面をマスコミはスルーせんかい!!!
① 小泉と小沢の組み合わせで政治討論会。 まるでひと昔ならあり得んことが真昼の事実であり得た。  しかし小泉は4月ごろの反アベのあの颯爽たる姿と勢いはない。 やはり政界から引退してひさしい。 とりわけ原発を無くしてとのあのトーンも後に続く勢いはもう一つだ。 そんななか小沢との突然の融合対話には当面の政局のことがあるのであろう。  やはり人々には今の今が大事てあってとりわけ大災害でこころ虚ろのなかのまたまたの必然の世界的猛暑だ。 考える力と余裕をなくしている。 もしも本当に政治運動として反アベ機運の盛り上げを画策するならばもっと別の全国的広がりを目途にしたやり方でないと余りにもチマチマした風呂で屁を扱くくらいの効果しかないのでは? 両者とも一時は日本のトップであったはずだ。 もっと起爆力のある行動とインパクトな動きが出来ないものか?
来年の参院選をどうのこうのではもう敵前で降伏したようなものだ。
4月ごろの鼻息とはエライ違いではないのか?
昔の名前で出ていますではなにかうら寂しい。 そんなことより進次郎をうまく育て上げよ!!!!
小沢も罪滅ぼしに小泉父と一緒になって二人羽織で二人して相協力すべしだ。 その方が若い人にも訴えられる。 年寄よりも若いのとつるんでほしい。
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://new-life-club.com

nice!(1)  コメント(0) 

世のなかいろいろ

2018/7/16 (敬称は省略)
世のなかいろいろ
② アベは仮病を使って本命の被災地広島をサボった。  まったく人非人の極悪人だ。 父晋太郎が生前によく叱ったズルの情なしそのままだ。 こんな奴が日本のトップとは毎度毎度のことで恥ずかしいが政府の会議で災害救援の追加指示を連発しておのれの不誠実を隠そうとしている。 じつに姑息だ。
もうこれで書くのもいやだがこんなのがのうのうと政府を束ねてわたしが行政の長でごさいますだって。  アホンダラ。  なにをチンタラ会議を仕切っているんだ!!!! くだらん場面をマスコミはスルーせんかい!!!
① 小泉と小沢の組み合わせで政治討論会。 まるでひと昔ならあり得んことが真昼の事実であり得た。  しかし小泉は4月ごろの反アベのあの颯爽たる姿と勢いはない。 やはり政界から引退してひさしい。 とりわけ原発を無くしてとのあのトーンも後に続く勢いはもう一つだ。 そんななか小沢との突然の融合対話には当面の政局のことがあるのであろう。  やはり人々には今の今が大事てあってとりわけ大災害でこころ虚ろのなかのまたまたの必然の世界的猛暑だ。 考える力と余裕をなくしている。 もしも本当に政治運動として反アベ機運の盛り上げを画策するならばもっと別の全国的広がりを目途にしたやり方でないと余りにもチマチマした風呂で屁を扱くくらいの効果しかないのでは? 両者とも一時は日本のトップであったはずだ。 もっと起爆力のある行動とインパクトな動きが出来ないものか?
来年の参院選をどうのこうのではもう敵前で降伏したようなものだ。
4月ごろの鼻息とはエライ違いではないのか?
昔の名前で出ていますではなにかうら寂しい。 そんなことより進次郎をうまく育て上げよ!!!!
小沢も罪滅ぼしに小泉父と一緒になって二人羽織で二人して相協力すべしだ。 その方が若い人にも訴えられる。 年寄よりも若いのとつるんでほしい。
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://new-life-club.com


nice!(0)  コメント(0) 

世のなかいろいろ

2018/7/16 (敬称は省略)
世のなかいろいろ
① 小泉と小沢の組み合わせで政治討論会。 まるでひと昔ならあり得んことが真昼の事実であり得た。  しかし小泉は4月ごろの反アベのあの颯爽たる姿と勢いはない。 やはり政界から引退してひさしい。 とりわけ原発を無くしてとのあのトーンも後に続く勢いはもう一つだ。 そんななか小沢との突然の融合対話には当面の政局のことがあるのであろう。  やはり人々には今の今が大事てあってとりわけ大災害でこころ虚ろのなかのまたまたの必然の世界的猛暑だ。 考える力と余裕をなくしている。 もしも本当に政治運動として反アベ機運の盛り上げを画策するならばもっと別の全国的広がりを目途にしたやり方でないと余りにもチマチマした風呂で屁を扱くくらいの効果しかないのでは? 両者とも一時は日本のトップであったはずだ。 もっと起爆力のある行動とインパクトな動きが出来ないものか?
来年の参院選をどうのこうのではもう敵前で降伏したようなものだ。
4月ごろの鼻息とはエライ違いではないのか?
昔の名前で出ていますではなにかうら寂しい。 そんなことより進次郎をうまく育て上げよ!!!!
小沢も罪滅ぼしに小泉父と一緒になって二人羽織で二人して相協力すべしだ。 その方が若い人にも訴えられる。 年寄よりも若いのとつるんでほしい。
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://new-life-club.com

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -