So-net無料ブログ作成
検索選択

トランプはオバマの遺産を食いつぶすな。

2017/6/12 (敬称は省略します)
トランプはオバマの遺産を食いつぶすな。
アメリカ株価が基調としては強い。 それはそれでいいのだが、市場では
いずれトランプの政権地肌がみえる今後についてはアメリカンファーストも万全の後押しは微妙である。夏場にかけて息切れを囃す向きもある。それはそのまま日本の市場に反映されることが多く、いまのやっとこさの2万円固めと言っている評論家の言い分はもうひとつあてにならない。 もう大局的にはアメリカの株価はほぼ10年に亘って上昇トレンドで、ある意味未踏の一人旅がどこまで続くかと言うところだ。 それが株価だと言えばそれまでだがむしろトランプの慢心に手綱を引き締めるイエレン女史の金利引き上げタイミング動向にどうしても気が向くのは仕方がない。どうしてもトランプには行きあたりばったりの不明瞭な部分が払拭しきれない。家族政権、仲間内の開かれていない闇のと言われても仕方がない。そしてこの御仁の閉鎖的独断性の危機はすでに環境破壊に対するパリ条約からの離脱という世界を裏切る政策でもう反発を受けているのだ。日本もそのことに反対しているも、その動きの声はまるで弱い。
アメリカがコケレバ日本は一番の影響国だ。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

トランプはオバマの遺産を食いつぶすな。

2017/6/12 (敬称は省略します)
トランプはオバマの遺産を食いつぶすな。
アメリカ株価が基調としては強い。 それはそれでいいのだが、市場では
いずれトランプの政権地肌がみえる今後についてはアメリカンファーストも万全の後押しは微妙である。夏場にかけて息切れを囃す向きもある。それはそのまま日本の市場に反映されることが多く、いまのやっとこさの2万円固めと言っている評論家の言い分はもうひとつあてにならない。 もう大局的にはアメリカの株価はほぼ10年に亘って上昇トレンドで、ある意味未踏の一人旅がどこまで続くかと言うところだ。 それが株価だと言えばそれまでだがむしろトランプの慢心に手綱を引き締めるイエレン女史の金利引き上げタイミング動向にどうしても気が向くのは仕方がない。どうしてもトランプには行きあたりばったりの不明瞭な部分が払拭しきれない。家族政権、仲間内の開かれていない闇のと言われても仕方がない。そしてこの御仁の閉鎖的独断性の危機はすでに環境破壊に対するパリ条約からの離脱という世界を裏切る政策でもう反発を受けているのだ。日本もそのことに反対しているも、その動きの声はまるで弱い。
アメリカがコケレバ日本は一番の影響国だ。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/