So-net無料ブログ作成

米国のパリ条約脱退

2017/6/2 (敬称は省略します)
米国のパリ条約脱退
●トランプ政権の今回の決定は保護主義に向かわんとする米国の本音が出たものだ。先ずは米国の内部引き締めのための雇用と経済を守る強い意志が見える。一方で米国に対する世界の期待は頽れたが、まずは米国が自立して依然のごとくスーパーカントリーたりうる為にはまずは一旦は静止し内部固めを必要としていることも理解できる。とくに追随する中国に対しても牽制力を担保するためにも必要だと判断したトランプを一概に非難できない。 いまだに世界では安くて豊富な石炭は自然エネルギーとしては炭酸ガス放出のマイナスは有っても経済効果は強いし、米国の雇用の上からもトランプは必要と考えたのだろう。先ずは米国の回生を優先して筋肉質で戻ることがやはり自由経済のリカバリーの為にも望ましいと思うし、化石燃料の再見直しと経済性の観点からも成長のための必要悪と敢えて看過すべしではないか? それにしても成長とはとても重い反面を担うものだ。このことの意義を問うことが、ことの結果の前に先ではないかと考える。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

米国のパリ条約脱退

2017/6/2 (敬称は省略します)
米国のパリ条約脱退
●トランプ政権の今回の決定は保護主義に向かわんとする米国の本音が出たものだ。先ずは米国の内部引き締めのための雇用と経済を守る強い意志が見える。一方で米国に対する世界の期待は頽れたが、まずは米国が自立して依然のごとくスーパーカントリーたりうる為にはまずは一旦は静止し内部固めを必要としていることも理解できる。とくに追随する中国に対しても牽制力を担保するためにも必要だと判断したトランプを一概に非難できない。 いまだに世界では安くて豊富な石炭は自然エネルギーとしては炭酸ガス放出のマイナスは有っても経済効果は強いし、米国の雇用の上からもトランプは必要と考えたのだろう。先ずは米国の回生を優先して筋肉質で戻ることがやはり自由経済のリカバリーの為にも望ましいと思うし、化石燃料の再見直しと経済性の観点からも成長のための必要悪と敢えて看過すべしではないか? それにしても成長とはとても重い反面を担うものだ。このことの意義を問うことが、ことの結果の前に先ではないかと考える。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/