So-net無料ブログ作成

世のなかとんとんの因果応報

2016/1/31 (敬称は省略します)
世のなかとんとんの因果応報
●米国の苛立ちがトランプを産んだ。それは人種問題にその淵源がある。しかし米国の経済の堅調は移民大国に行き着く。そのこととイスラムのテロとの蓋然性は峻別すべき。反知性的とも喧伝されるトランプのその政治手法はやはり世界の超大国として拙速だ。それがいずれ米国をさらに追いつめる怖さが心配だ。いまの経済力は移民にって下支えされている。それを白人主義、キリスト教主義だけでひろく寛容の精神で包み込むことなく反知性で応戦すればアメリカと言えど世界の反感を買うことになる。多様性を甘受する精神はアメリカの存在の歴史的価値でもある。イスラムとの軋轢をここまで拡大したのは今までのアメリカファースト、白人ファーストではないのか? このことは移民に対して世界で最も厳しい日本も他山の石だ。人口減少の怖さを言いながら経済の所産をむ求めるこの二律背反のパラドックスにこれからもさに本格的に難しい局面に立つ我が国はアメリカの白人の想いと同じなんだ。
いま米国が苦しみの中でトランプを産んだこの現実はややもすると世界のステージが歴史を振り返れば危険な局面を迎える前奏かもしれない。これは行き過ぎたグローバルなのか。それの反動の歴史的普遍の輪廻なのか。どうもその解決の重要なカギを本を読まないし、家に蔵書も全くない、ニュースソースはテレビだけのこの金髪のゾンビに本当にこの8年も任せられるのかは、仮に半分の4年としても世界は本腰でこのオトコを注視せよ。もう生まれてしまったのだから。日本もその意味では国粋主義の宗教でも何でもない道徳律をまだぞろ引っ張りだして政治統治の神棚に備える古き精神主義に逃げ込もうとしてきている。これは戦前回帰と何ら変わらない。反人間性、反知性の政治手段だけのもので反民主主義に行き着いて歴史的な大失敗を犯したのにまたまた懲りずに
このどさくさに眠っていたゴジラのように事と刺激があれば顕れかねない危険なバカな雰囲気だ。アメリカや世界はまだゾロのこの日本の不穏な密かな息遣いをトランプ騒動の中でも決して見逃してイケナイ。日本がその意味で火事場ドロボーのような抜け駆けを企む政治の隙間が出かかっている。右翼反動主義、孤立主義、保守主義、人種主義などの下にシロアリが闇の中で蠢きだしている。
そのためにもその反動主義に表向き反対の立場をとりながらこの混乱の中で
腹に一物の我がアベ政権に乗ずるスキを与えてはイケナイ。 ただ日本の民主主義が野党のだらしなさで全くの形骸化しているので、少なくともアメリカのまだしもの民主主義を信じて米国が日本の企みを圧することを切望する。戦争にまたまた流されかねない日本の体質はとにかく米国の関与の不安はあってもやはりアベ国粋主義よりは信用できるのである。トランプの暴走よりはアベの狂気を許してはならない。はやく引きずり降ろせ。この夏の小池都議会戦すべてのスタートになれ。アベの後は小池、小泉進、石破、岸田・・・誰でもいい。アベ以外は。

世のなかとんとんの因果応報

2016/1/31 (敬称は省略します)
世のなかとんとんの因果応報
●米国の苛立ちがトランプを産んだ。それは人種問題にその淵源がある。しかし米国の経済の堅調は移民大国に行き着く。そのこととイスラムのテロとの蓋然性は峻別すべき。反知性的とも喧伝されるトランプのその政治手法はやはり世界の超大国として拙速だ。それがいずれ米国をさらに追いつめる怖さが心配だ。いまの経済力は移民にって下支えされている。それを白人主義、キリスト教主義だけでひろく寛容の精神で包み込むことなく反知性で応戦すればアメリカと言えど世界の反感を買うことになる。多様性を甘受する精神はアメリカの存在の歴史的価値でもある。イスラムとの軋轢をここまで拡大したのは今までのアメリカファースト、白人ファーストではないのか? このことは移民に対して世界で最も厳しい日本も他山の石だ。人口減少の怖さを言いながら経済の所産をむ求めるこの二律背反のパラドックスにこれからもさに本格的に難しい局面に立つ我が国はアメリカの白人の想いと同じなんだ。
いま米国が苦しみの中でトランプを産んだこの現実はややもすると世界のステージが歴史を振り返れば危険な局面を迎える前奏かもしれない。これは行き過ぎたグローバルなのか。それの反動の歴史的普遍の輪廻なのか。どうもその解決の重要なカギを本を読まないし、家に蔵書も全くない、ニュースソースはテレビだけのこの金髪のゾンビに本当にこの8年も任せられるのかは、仮に半分の4年としても世界は本腰でこのオトコを注視せよ。もう生まれてしまったのだから。日本もその意味では国粋主義の宗教でも何でもない道徳律をまだぞろ引っ張りだして政治統治の神棚に備える古き精神主義に逃げ込もうとしてきている。これは戦前回帰と何ら変わらない。反人間性、反知性の政治手段だけのもので反民主主義に行き着いて歴史的な大失敗を犯したのにまたまた懲りずに
このどさくさに眠っていたゴジラのように事と刺激があれば顕れかねない危険なバカな雰囲気だ。アメリカや世界はまだゾロのこの日本の不穏な密かな息遣いをトランプ騒動の中でも決して見逃してイケナイ。日本がその意味で火事場ドロボーのような抜け駆けを企む政治の隙間が出かかっている。右翼反動主義、孤立主義、保守主義、人種主義などの下にシロアリが闇の中で蠢きだしている。
そのためにもその反動主義に表向き反対の立場をとりながらこの混乱の中で
腹に一物の我がアベ政権に乗ずるスキを与えてはイケナイ。 ただ日本の民主主義が野党のだらしなさで全くの形骸化しているので、少なくともアメリカのまだしもの民主主義を信じて米国が日本の企みを圧することを切望する。戦争にまたまた流されかねない日本の体質はとにかく米国の関与の不安はあってもやはりアベ国粋主義よりは信用できるのである。トランプの暴走よりはアベの狂気を許してはならない。はやく引きずり降ろせ。この夏の小池都議会戦すべてのスタートになれ。アベの後は小池、小泉進、石破、岸田・・・誰でもいい。アベ以外は。

世のなかいろいろ

2016/1/30 (敬称は省略します)
世のなかいろいろ
●トランプは選挙中の公言を大統領令の連発で世界に波紋。メキシコは国境壁には反発して会談を破棄した。その他各国は電話、会談の取り付けに奔走。日本は様子見だが水面下では㋣詣でに必死だ。雨降ってさらに土砂降りか地固まるか? 一方市場は㋣効果で米国は2万ドル越え、日本は㋣に連れ高も地力なし。
世のなか時として視野狭窄に知らず知らず陥る
●今回の日米貿易戦争は車だ。トヨタも下手に出て努力している。巷間米国はフォードの意地悪い逆襲としてその上から目線の圧力を批判する意見が多い。左ハンドルオンリーで日本向けの右ハンドルは無いなどことサービスにも難がある。しかし市場は相手のものだ。二国間交渉ではやはりアメリカが強いとなるのは仕方がない。こんなことは分り切ったことなのに政権が変わるとこのザマなのはやはり日本政府の行政の油断だ。とくに主導的には経産省の常からのウオッチが問われることになる。もっと米国の政府の中に影響力を確保すべきだ。あの禿のキャンベルが何十年も窓口といのもおかしい。この担当はやはり国務長官に単刀直入に常からラインを通じているべきだ。政府の怠慢でしかない。最近の経産省はアンテナが故障しているのではないか?

世のなか時として視野狭窄に知らず知らず陥る

2016/1/29 (敬称は省略します)
世のなか時として視野狭窄に知らず知らず陥る
●今回の日米貿易戦争は車だ。トヨタも下手に出て努力している。巷間米国はフォードの意地悪い逆襲としてその上から目線の圧力を批判する意見が多い。左ハンドルオンリーで日本向けの右ハンドルは無いなどことサービスにも難がある。しかし市場は相手のものだ。二国間交渉ではやはりアメリカが強いとなるのは仕方がない。こんなことは分り切ったことなのに政権が変わるとこのザマなのはやはり日本政府の行政の油断だ。とくに主導的には経産省の常からのウオッチが問われることになる。もっと米国の政府の中に影響力を確保すべきだ。あの禿のキャンベルが何十年も窓口といのもおかしい。この担当はやはり国務長官に単刀直入に常からラインを通じているべきだ。政府の怠慢でしかない。最近の経産省はアンテナが故障しているのではないか?

世のなかいろいろ

2016/1/29 (敬称は省略します)
世のなかいろいろ
●米・英の【特別な関係】、日本はいくら忠実なポチでも羨ましい。今回のトランプ会談の一番のご招待状はやはり英国だ。痩せても枯れてもこの超然たる地力。メイの勝負服の緋赤が実に堂々。日本には共に戦った戦友国もない。本当にいつも独りぼっち。水鳥は悲しからずや、海の青、空の青にも染まず漂う。
それの埋め合わせのように国の借金を増やしながらせっせと世界の国にモノとカネを今も配り歩く日本。欧米は植民地争奪戦のころはバイブルやコーランを片手に植民地を獲得してきた。日本にはそれに代わるものがない。モノとカネでは無くなれば終わり。モノとカネ以外で引き付けられるものが日本には要る。

世のなかいろいろ

2016/1/29 (敬称は省略します)
世のなかいろいろ
●米・英の【特別な関係】、日本はいくら忠実なポチでも羨ましい。今回のトランプ会談の一番のご招待状はやはり英国だ。痩せても枯れてもこの超然たる地力。メイの勝負服の緋赤が実に堂々。日本には共に戦った戦友国もない。本当にいつも独りぼっち。水鳥は悲しからずや、海の青、空の青にも染まず漂う。
それの埋め合わせのように国の借金を増やしながらせっせと世界の国にモノとカネを今も配り歩く日本。欧米は植民地争奪戦のころはバイブルやコーランを片手に植民地を獲得してきた。日本にはそれに代わるものがない。モノとカネでは無くなれば終わり。モノとカネ以外で引き付けられるものが日本には要る。

世のなかいろいろ

2016/1/28 (敬称は省略します)
世のなかいろいろ
●アベは衣の下の国粋主義者の鎧着を脱ぎ捨てることだ。いくら米国のポチの真似をしても信用されない。かれらトランプら白人から並べて見れば習、金、朴と変わらないアジアの黄色指導者に見える。これは抜きがたいかれら白人の固定観念むである。トランプもそうだがプーチンもそうだ。とにかく戦勝国の安全保障5ケ国体制がある限り日本は池で棒で突かれるのだ。これを脱却するにはしんどいけれどアメリカのポチカラーを脱ぎ棄てる覚悟の理念追求の国家に変身することしかない。それの踏み絵が脱原発だ。現実慾に囚われながら理想もというのは無厚かましすぎる。やはり尊敬されることが日本には必要なことだ。心の置き所について国粋主義は独りよがりの全くの履き違えでいずれこんなことでは日本は孤立する。平成の精神の虚空をそんなもので埋められては亡国の再来だ。

世のなかいろいろ

2016/1/28 (敬称は省略します)
世のなかいろいろ
●アベは衣の下の国粋主義者の鎧着を脱ぎ捨てることだ。いくら米国のポチの真似をしても信用されない。かれらトランプら白人から並べて見れば習、金、朴と変わらないアジアの黄色指導者に見える。これは抜きがたいかれら白人の固定観念むである。トランプもそうだがプーチンもそうだ。とにかく戦勝国の安全保障5ケ国体制がある限り日本は池で棒で突かれるのだ。これを脱却するにはしんどいけれどアメリカのポチカラーを脱ぎ棄てる覚悟の理念追求の国家に変身することしかない。それの踏み絵が脱原発だ。現実慾に囚われながら理想もというのは無厚かましすぎる。やはり尊敬されることが日本には必要なことだ。心の置き所について国粋主義は独りよがりの全くの履き違えでいずれこんなことでは日本は孤立する。平成の精神の虚空をそんなもので埋められては亡国の再来だ。

世のなかとんとん

2016/1/26 (敬称は省略します)
世のなかとんとん
●アメリカが製造業の復活を云々しているが、他国比高い労働コストの中で、競争的製品価格を取り戻せるかは疑問だ。いまトランプは選挙期間中に言った公約を大統領令としてそのまま乱発しているのは約束を守っているかに見えても要は実現出るかどうかだ。ハネムーン100日間は言ったもん勝ちである。喝
2万円を超えたがそれはいずれ通過する点にすぎない。要は4月以後からが本チャン勝負となってくる。ただこれだけの好き勝手で身軽になって超大国のシガラミを削ぎ落したトランプ政権は意外なフットワークの軽さを内に秘めているかもしれない。特に為替に重きを置いている経済視点は過度なドル高に警戒を置いている商売人感覚を大切にしているのは実務閣僚に強いのを選んだことで分かる。 比較すれば日本の2万円越えに米国便乗が出来るかどうかは微妙なところだ。アベ政権のもうひとつスカートを踏みつけられている諸事情が国内的政治絡みがあるのは否めない。加えて米新政権との距離感に違和感を引きずっている。米がアベに信頼を置いていないことがあるようである。それも影を落としている。アベは本当のポチならば裏表の国粋主義者の本当の裏の姿を払しょくする態度を見せてアメリカの信頼を勝ち取るべきだ。とにかくアベは国内でも本当の信頼は得られていない。やはり知性的でないことがそれを重視する西欧世界からは政治家として軽く見られていることにはやく気づかねばならない。何度も言うがアベは国際的な政治家のランクでは埒外の評価で日本にとってはマイナスになっている。つまりは行動が軽薄なのである。単に言葉のあやだけのことではないのだ。信用が置けない、この一点にある。世界はそのことを良く知っている。

世の中とんとん

2016/1/25 (敬称は省略します)
世の中とんとん
●アベがトランプに嫌われている報道が散見される。裏表の陰険な性格が見透かされている。キッシンジャーがその淵源らしい。日本はもうそろそろアベを始末しないとイケナイ時期だということだ。アメリカの尻尾を踏み続けているこの男はもうアメリカの限界に差し掛かっている。日本の危機はアベから始まっている。やはり危惧していた本音の日本の表皮が剥がされつつある。それをやっとこさ察知したアベの最近の顔は誠に優れない。演技が下手すぎる。堪え性のない奴だ。アメリカのポチが一番のアメリカに腹の底で反逆の出口を探していたが。 80年代からの久方ぶりの貿易アンバランス戦争はまずはTPPの永久不批准の大統領令でアベの鼻先を挫いたことになる。日本の国益からもアベはもうマイナスである。日本の保守のあぶり出しは結局はアメリカでないとできない。 この国の悪しき宿命である。戦後70余。日本のシロアリはまたまたアメリカによって退治される他人任せの仕儀となる。日本の民主主義はいまだこの国には根付かなったということだ。
世のなかいろいろとは言え、余りなやりすぎは・・・・
●トランプの出現は米国市場ファーストと製造業の見直し最優先だ。政治による経済のテコ入れはオバマ時代とは様変わりになる。その影響は中国と日本に強く反動的に出てくる。米国には突出した貿易赤字国だ。特に日本にはTPPの永久不参加の大統領令を発したことでモロに響く。世界は自国市場保護に向いている。日本にとればかっての繊維と自動車に纏わる貿易不均衡問題の再燃と言える。そしてそのことは究極は為替にも関わってくる。もう日本はTPPへの妄想からはやく脱却しないと日米安保の基軸問題への波及を最小限に止めることだ。そのためにも自国市場の総洗いにも目配りすべきだ。米国は本気だ。ポチもこれ以上纏わりつくのはよした方がいい。政治経済資源駆使して米国以外への市場開拓を考えないとこのままでは済まない。早く妄想を断つことだ。安全保障問題に至る前に留めるべきと思う。