So-net無料ブログ作成
検索選択

世のなかとんとん

2016/3/31  (敬称は省略します)
世のなかとんとん
民進党の所得再分配の原資は堂々巡りの構造改革に立ち戻る
●民進党の基本原理政策がアベノミクスの成長政策の失敗に鑑みてもともとの原点である構造改革に立ち戻らないと活路はないとの結論に立ち返った。 つまりは行政改革や社会保障の充実を避けては成長の基盤形成ができないことをあらためて打ち出したと言える。 逆説的には民進党の立場からは間違った消費税の推進に対して旧の民主党の手順の背反について今はもう素直に国民大衆に対して明確にこれを認めた方が分かりやすい。 そして消費税の前に改めて構造改革を通して、行政改革と社会保障の一体改革という4年前につまりは遡るという事実認識をすることだ。 その贖罪を通じて民進党が生まれたとの反省があれば、夏の選挙に対する禊にはなるはずだ。 やはり間違いは間違いで姑息に逃げたり言い訳をしない方が国民大衆には訴求力はある。
一方の自民は飽くまでも奇形児の安保法制に続いて、大義なき憲法改正に
打って出ようとするがこれまた手続きの間違いを承知の上での強行突破である
それがため現実に破綻しているアベノミクスを死しても生きてるがごとくに仮装してもう無茶苦茶な形振り構わぬ暴走族政党に気狂いしてきた。 今までの脈絡のないつまみ食いの破綻政策のうえにまだまだ被せるような乱心政策を重ねる狂いぶりだ。 最近でも、とくに保育所や自宅待機児童などの厚生社会福祉政策での暴走ぶりは満天下の女性票からは思いもよらない政府の傲慢顔に予想に反する女性の嫌う正義感に悖る本来のむしろ女性蔑視の上から目線の本性をあらわに出してきた。 すべては憲法改正への無謀な焦点政策に照準を合わせるも、いまでの八方美人型人気集めの政策がその矛盾を露呈しており、もうつじつま合わせの限界に立ち至っているようだ。 とにかくアベノミクスは破綻して、その格差是正の怒りが経済成長の隘路になっている。 分からないときは初めに戻る。 これが政治の原点てあり、基本だ。 民主党のはき違えも重罪だが、自民与党の金融政策一点張りで成長路線にのせるルーズな現状破壊なしの上滑りでは結局経済が活性化しないことが明確になったこど。 つまりは民主党の政治路線の誤りを自民与党は根本を正さないで金融の麻薬の罠で解決せんとしたが逆にミイラ取りがミイラに魅入られて己もその渦に巻き込まれて方向感覚を見失ったということだ。 これこそは国を誤ったことになり、民主の過ちではすまないこれらの経済正常化への物凄い遠回りのエネルギーと膨大な経済リスクを内包してしまっている。 それがためすでに出口を脱却したアメリカの動向にいつも右顧左眄した制約下で、つまりは為替の影響下に晒されることになる。 それからの脱却は金融の更なる操りではなく、自己の体脂肪の強化のための痛みを伴う構造改革と言われる自己改革以外にはありえない。 地方創成、一億総活躍の掛け声の神輿に担がないでぶら下がるだけの生産性がまるでない連中をとりあえずは炙り出してその働きに応じた分配に減らすことから始めなければことは済まない。 要は民主党時代の業務仕分けの時代に戻って公的部門から仕分けのし直し以外には改めてないことを認識しなおすことだ。  働いて貢献しない身分給の人間の給与分配を仕事の内容に応じた分配に是正し、正すことだ。  まさに同一労働は同一賃金の基づく原則だ。
物凄い非活性化分野がこの日本にはずうっと存在している。 非合理の世界を正すこと。 民進党がやっと今頃になって歴史的な誤りを認めたようだ。
4年もかかったことになる。  自民与党はいままだ迷路を彷徨って出口すら見つけられていない。 まさに危ない暗夜行路だ。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

民進党の所得再分配の原資は堂々巡りの構造改革に立ち戻る

2016/3/31  (敬称は省略します)
民進党の所得再分配の原資は堂々巡りの構造改革に立ち戻る
●民進党の基本原理政策がアベノミクスの成長政策の失敗に鑑みてもともとの原点である構造改革に立ち戻らないと活路はないとの結論に立ち返った。 つまりは行政改革や社会保障の充実を避けては成長の基盤形成ができないことをあらためて打ち出したと言える。 逆説的には民進党の立場からは間違った消費税の推進に対して旧の民主党の手順の背反について今はもう素直に国民大衆に対して明確にこれを認めた方が分かりやすい。 そして消費税の前に改めて構造改革を通して、行政改革と社会保障の一体改革という4年前につまりは遡るという事実認識をすることだ。 その贖罪を通じて民進党が生まれたとの反省があれば、夏の選挙に対する禊にはなるはずだ。 やはり間違いは間違いで姑息に逃げたり言い訳をしない方が国民大衆には訴求力はある。
一方の自民は飽くまでも奇形児の安保法制に続いて、大義なき憲法改正に
打って出ようとするがこれまた手続きの間違いを承知の上での強行突破である
それがため現実に破綻しているアベノミクスを死しても生きてるがごとくに仮装してもう無茶苦茶な形振り構わぬ暴走族政党に気狂いしてきた。 今までの脈絡のないつまみ食いの破綻政策のうえにまだまだ被せるような乱心政策を重ねる狂いぶりだ。 最近でも、とくに保育所や自宅待機児童などの厚生社会福祉政策での暴走ぶりは満天下の女性票からは思いもよらない政府の傲慢顔に予想に反する女性の嫌う正義感に悖る本来のむしろ女性蔑視の上から目線の本性をあらわに出してきた。 すべては憲法改正への無謀な焦点政策に照準を合わせるも、いまでの八方美人型人気集めの政策がその矛盾を露呈しており、もうつじつま合わせの限界に立ち至っているようだ。 とにかくアベノミクスは破綻して、その格差是正の怒りが経済成長の隘路になっている。 分からないときは初めに戻る。 これが政治の原点てあり、基本だ。 民主党のはき違えも重罪だが、自民与党の金融政策一点張りで成長路線にのせるルーズな現状破壊なしの上滑りでは結局経済が活性化しないことが明確になったこど。 つまりは民主党の政治路線の誤りを自民与党は根本を正さないで金融の麻薬の罠で解決せんとしたが逆にミイラ取りがミイラに魅入られて己もその渦に巻き込まれて方向感覚を見失ったということだ。 これこそは国を誤ったことになり、民主の過ちではすまないこれらの経済正常化への物凄い遠回りのエネルギーと膨大な経済リスクを内包してしまっている。 それがためすでに出口を脱却したアメリカの動向にいつも右顧左眄した制約下で、つまりは為替の影響下に晒されることになる。 それからの脱却は金融の更なる操りではなく、自己の体脂肪の強化のための痛みを伴う構造改革と言われる自己改革以外にはありえない。 地方創成、一億総活躍の掛け声の神輿に担がないでぶら下がるだけの生産性がまるでない連中をとりあえずは炙り出してその働きに応じた分配に減らすことから始めなければことは済まない。 要は民主党時代の業務仕分けの時代に戻って公的部門から仕分けのし直し以外には改めてないことを認識しなおすことだ。  働いて貢献しない身分給の人間の給与分配を仕事の内容に応じた分配に是正し、正すことだ。  まさに同一労働は同一賃金の基づく原則だ。
物凄い非活性化分野がこの日本にはずうっと存在している。 非合理の世界を正すこと。 民進党がやっと今頃になって歴史的な誤りを認めたようだ。
4年もかかったことになる。  自民与党はいままだ迷路を彷徨って出口すら見つけられていない。 まさに危ない暗夜行路だ。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

世の中いろいろ

2016/3/30  (敬称は省略します)
世の中いろいろ
アメリカと日本の意識のズレ
●久方ぶりに日米に安保に対する感覚差が露呈するかも知れない。 いま旋風のトランプの日韓基地経費負担から発したそれぞれの安保条約の解消への言及は平成元禄の日本にとってはまさに瓢箪から駒のびっくりポンだ。 アメリカも人口はすでに3億人を超えて、まずは人口減少に直面している老化国家の日本とは違ってさすがにまだまだ壮年の若さがある。 若いからいろいろの意見もあり、それが大統領候補の口からそんな大胆な発言が飛び出すのだ。 しかし頭の体操としても言ってることの内容はとても斬新で一笑に切り捨てる訳にもいかない現実のある面を示唆している。  本当にアメリカが太平洋の半分を中国に委ねる腹があるはずはないと思うが、このことがもしと思えば、中国はしてやったりであろうし、日韓と中国・北・ロシアの対峙の構図はもうすでに決まったようなものだ。 こんな世界政治のアジアのバランスを突き崩すようなことは現実にはやはりありえないし、それがはたしてアメリカの本当の国益なのかどうかは分からないが、あの覇権的なアメリカがそこまでモンロー主義のように引き込み思案となる理由もわからない。 この世界でこれから成長のいちばんの可能性地域をいくらアメリカが一国完結国家であるとしてもだ。
アメリカは時としてかってのモンロー主義のようにヨーロッパの混乱からひとり孤独に籠りがちになることがある。 いわば時に陥るアメリカの習慣病だ。
 いまもアジアの多民族多宗教国家群の行く末にかっての中東イスラムの混乱に巻き込まれた近代史を振り返っているのかも。 これは強大な超大国のアメリカが時として陥るうつ病かもしれない。
しかしそれを良しとする孤独になりたいアメリカがいますこしくその精神状態にあるとも見た方がいい。 アメリカは移民の国だ。 その300年に満たない建国の際は欧州をはじめ世界各国から自由と独立を求めた今の難民と同じなのだ。 いまのEUの流動化とイギリスの脱EU化なども相俟ってアメリカがたしかに苛立っている。 
ニッポンを取り戻す。ニッポンが見えてきた。 最近のコマーシャルでニッポンのアイデンティティを呼び覚ますの耳に届く。  ニッポンとはなんぞや?
改めてアメリカに突き放されて初めてこの国の実像が見えてくる。 
ニッポンにトランプほどの良きにつけ悪しきにつけの断言はいずこにある?
いつも姑息なこわっぱ役人の文書国家あるのみ。 集団的自衛権なんてアメリカにすり寄るニッポンの媚態でしかない。 大向こうを唸らせる切れ味鋭い
口説をトランプのように大上段に言いまわせる役者はいずこにありだ。 
思うに屁のような政治屋どもと太鼓持ちの文書事務屋のしかめっ面にもホトホト飽いたょ。
民進党の山尾志桜里女史の予算委員会と厚生労働委員会のやり取りを初めてじっくり見聞きした。 この人が民進党の代表になれば国民的人気が沸騰したかもしれない。 いい人がいたもんだ。 自民党の女どものなんと筋の悪いものかとつくづく思った。 女にもやはりいいのと処置し難いのが当たり前だが両方いると感じ入った。 とにかく真正面の姿勢の良さには驚いた。 まだ41才。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

アメリカと日本の意識のズレ

2016/3/30  (敬称は省略します)
アメリカと日本の意識のズレ
●久方ぶりに日米に安保に対する感覚差が露呈するかも知れない。 いま旋風のトランプの日韓基地経費負担から発したそれぞれの安保条約の解消への言及は平成元禄の日本にとってはまさに瓢箪から駒のびっくりポンだ。 アメリカも人口はすでに3億人を超えて、まずは人口減少に直面している老化国家の日本とは違ってさすがにまだまだ壮年の若さがある。 若いからいろいろの意見もあり、それが大統領候補の口からそんな大胆な発言が飛び出すのだ。 しかし頭の体操としても言ってることの内容はとても斬新で一笑に切り捨てる訳にもいかない現実のある面を示唆している。  本当にアメリカが太平洋の半分を中国に委ねる腹があるはずはないと思うが、このことがもしと思えば、中国はしてやったりであろうし、日韓と中国・北・ロシアの対峙の構図はもうすでに決まったようなものだ。 こんな世界政治のアジアのバランスを突き崩すようなことは現実にはやはりありえないし、それがはたしてアメリカの本当の国益なのかどうかは分からないが、あの覇権的なアメリカがそこまでモンロー主義のように引き込み思案となる理由もわからない。 この世界でこれから成長のいちばんの可能性地域をいくらアメリカが一国完結国家であるとしてもだ。
アメリカは時としてかってのモンロー主義のようにヨーロッパの混乱からひとり孤独に籠りがちになることがある。 いわば時に陥るアメリカの習慣病だ。
 いまもアジアの多民族多宗教国家群の行く末にかっての中東イスラムの混乱に巻き込まれた近代史を振り返っているのかも。 これは強大な超大国のアメリカが時として陥るうつ病かもしれない。
しかしそれを良しとする孤独になりたいアメリカがいますこしくその精神状態にあるとも見た方がいい。 アメリカは移民の国だ。 その300年に満たない建国の際は欧州をはじめ世界各国から自由と独立を求めた今の難民と同じなのだ。 いまのEUの流動化とイギリスの脱EU化なども相俟ってアメリカがたしかに苛立っている。 
ニッポンを取り戻す。ニッポンが見えてきた。 最近のコマーシャルでニッポンのアイデンティティを呼び覚ますの耳に届く。  ニッポンとはなんぞや?
改めてアメリカに突き放されて初めてこの国の実像が見えてくる。 
ニッポンにトランプほどの良きにつけ悪しきにつけの断言はいずこにある?
いつも姑息なこわっぱ役人の文書国家あるのみ。 集団的自衛権なんてアメリカにすり寄るニッポンの媚態でしかない。 大向こうを唸らせる切れ味鋭い
口説をトランプのように大上段に言いまわせる役者はいずこにありだ。 
思うに屁のような政治屋どもと太鼓持ちの文書事務屋のしかめっ面にもホトホト飽いたょ。
民進党の山尾志桜里女史の予算委員会と厚生労働委員会のやり取りを初めてじっくり見聞きした。 この人が民進党の代表になれば国民的人気が沸騰したかもしれない。 いい人がいたもんだ。 自民党の女どものなんと筋の悪いものかとつくづく思った。 女にもやはりいいのと処置し難いのが当たり前だが両方いると感じ入った。 とにかく真正面の姿勢の良さには驚いた。 まだ41才。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

世のなかとんとん

2016/3/29  (敬称は省略します)
世のなかとんとん
私たちは明らかに安倍政治とは違う政治を目指す-民進党
●まずはこの党には理念が分からぬ。なにをどうしたいのだ。 政局追及ばかりの批判のための批判党ではとても政権には再び近づけない。 それの原因は本来の野党・チャレンジャーとしての足元固めが出来ているかどうかである。 とくに離合集散の政治遍歴が今までにもうまくいっていない。 もうよく似て今回の党名も台湾のそれとも重なるほどの有様だ。 名前だけの変更で気分を一時的にすり替えて小満足しているような軽さを否めない。  まずは明らかに与党と違う政治の中で、経済についての知識不足は政党としての根底的な欠陥である。 とにかく政権脱落後以後でも民主党がどれだけの経済に関して活動したかをみれば、実に政権時の消費税の桎梏に囚われて、なんの積極的な勉強をした形跡は何もない。 その勉強不足が而して民主党を壊滅させたのである。 このことの反省も何もなく、またぞろ安倍政治とは違うとの意味も明らかにせずに言葉の軽さをまたまた重ねる無反省には、この党の根本的に物事を深堀しない軽薄なまたまた批判だけに陥る可能性の大なることをすでに軽々しく世に発表したことと同じである。  あの杜撰なアベ経済政策に対して、一矢も反発する真剣な議論反発をせずに、一体にまたまた与党の計略にはまって安全保障の議論の穴に陥って、経済のいまの状況には目を逸らす今までと同じ評論家程度の政党であり続けるのは有権者国民大衆を裏切るものであることを改めて言いたい。
とにかく勉強不足なんだ。 国勢調査費用なんぞ一体に本当に使っていない証拠だ。 それでは劣党の立場からはもう永久に脱却できない。 初発の党声明の安倍政治とはちがうという報道にもうまたまた慨嘆した。 エエ恰好はもうエエ加減にせぇ。 夏の参院選で常識的な敗北をすれば間髪を置かずに岡田は
党首を辞めよ。 もうそうでなければこの党の明日はやはりすでにない。
今年半ばから後半にかけては世界の経済はアメリカ頼みの一極偏重。 その中で日本も結構難しい舵取りだ。 それだけに真正面から経済に特化した経済政党としての新党に変貌しなければ民進党の明日はない。 ある意味逆に今からがチャンスでもあるんだ。 とにかく経済問題に大汗をかくことだ。 安全保障はいまの民進党の力では動かせない。 民進党にはそんなことより今の国民の苦境をまずは経済面からバックアップすることに尽きる。 アベの経済用語の数々のインチキをとりあえずは暴くことだ。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

私たちは明らかに安倍政治とは違う政治を目指す-民進党

2016/3/29  (敬称は省略します)
私たちは明らかに安倍政治とは違う政治を目指す-民進党
●まずはこの党には理念が分からぬ。なにをどうしたいのだ。 政局追及ばかりの批判のための批判党ではとても政権には再び近づけない。 それの原因は本来の野党・チャレンジャーとしての足元固めが出来ているかどうかである。 とくに離合集散の政治遍歴が今までにもうまくいっていない。 もうよく似て今回の党名も台湾のそれとも重なるほどの有様だ。 名前だけの変更で気分を一時的にすり替えて小満足しているような軽さを否めない。  まずは明らかに与党と違う政治の中で、経済についての知識不足は政党としての根底的な欠陥である。 とにかく政権脱落後以後でも民主党がどれだけの経済に関して活動したかをみれば、実に政権時の消費税の桎梏に囚われて、なんの積極的な勉強をした形跡は何もない。 その勉強不足が而して民主党を壊滅させたのである。 このことの反省も何もなく、またぞろ安倍政治とは違うとの意味も明らかにせずに言葉の軽さをまたまた重ねる無反省には、この党の根本的に物事を深堀しない軽薄なまたまた批判だけに陥る可能性の大なることをすでに軽々しく世に発表したことと同じである。  あの杜撰なアベ経済政策に対して、一矢も反発する真剣な議論反発をせずに、一体にまたまた与党の計略にはまって安全保障の議論の穴に陥って、経済のいまの状況には目を逸らす今までと同じ評論家程度の政党であり続けるのは有権者国民大衆を裏切るものであることを改めて言いたい。
とにかく勉強不足なんだ。 国勢調査費用なんぞ一体に本当に使っていない証拠だ。 それでは劣党の立場からはもう永久に脱却できない。 初発の党声明の安倍政治とはちがうという報道にもうまたまた慨嘆した。 エエ恰好はもうエエ加減にせぇ。 夏の参院選で常識的な敗北をすれば間髪を置かずに岡田は
党首を辞めよ。 もうそうでなければこの党の明日はやはりすでにない。
今年半ばから後半にかけては世界の経済はアメリカ頼みの一極偏重。 その中で日本も結構難しい舵取りだ。 それだけに真正面から経済に特化した経済政党としての新党に変貌しなければ民進党の明日はない。 ある意味逆に今からがチャンスでもあるんだ。 とにかく経済問題に大汗をかくことだ。 安全保障はいまの民進党の力では動かせない。 民進党にはそんなことより今の国民の苦境をまずは経済面からバックアップすることに尽きる。 アベの経済用語の数々のインチキをとりあえずは暴くことだ。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

世のなかとんとん

2016/3/28  (敬称は省略します)
世のなかとんとん
トランプ、日韓が基地費用負担がイヤなら自衛の核保有是認。
アメリカの本音が覗く。 安保タダ乗り論は古くしていまも新しい。
ある面はアメリカの苛立ちがここまで顕在化していることの証左だ。 オバマがもはやアメリカは世界の警察官ではないと世界に突き放した言い方と底辺は相通じるものだ。 それがためアメリカはオバマは積極的に今までのアメリカ絡みの世界の懸案の残滓をロシア相手に急速整理整頓を図って、ただ一つアメリカに対して確信的に歯向かう姿勢を鮮明にしてきた中国にすべての的を絞ってきたのだ。 とくに北は中国の本質的な子分との見方も揺るぎない。 ふら付いていた韓国を強引に米日韓同盟に引き戻して今までになく北に共同軍事同盟への圧力を仕掛けている。 これは今までにない対応であるが、その裏にはアメリカの外交的整理整頓ができたとの纏まり感がアメリカ側の背中を強く推している。 いまアメリカはたった一日であの刈り上げ金正恩をピョンヤンの広場であのルーマニアのチャウシェスクのように像とともに引き倒す力があるとしているようだ。 それでも中国は血の同盟の朝鮮戦争の時のように義勇軍を派遣するかは無いとみる。 中国が見通しを誤れない。 アメリカとことを構えればまず共産党一党体制は崩れるのは間違いない。 隔離され孤立化された中華連邦は瓦解の道しかありえない。  独裁国家は崩れるときは早いものだ。 北を見捨てないと本家の壊滅に至るのだ。 
アメリカのトランプの発言はもうここに来ては単なるヤジではない。 ひとつ間違えば世界の超大国アメリカの正式の大統領の発言になるかもしれない。 
こと韓国だけではなくとくに日本へのいままでの見方はかなりメリハリの効いた強いものになるのは間違いない。 負担と享受の関係の新たな見直しは避けられない。 アメリカは当然、巨大な防衛負担の軽減策を真剣に見直すであろう。 いま世界は日本も含めてアメリカのGDP70%の個人消費に支えられた経済の好調の上に乗っかっているのだ。 中国もBRICSもそして日本もGDPの後退に悩んでいるのに比べて、こんな7-8年も何とか世界の景気を引っ張っているアメリカがひとたびここで保守的な態度に変わりつつあるのは余程注目しておくべきだ。  トランプの激語は決して選挙における妄言でもなさそうだ。 
日本の与野党の空前の政治弛緩は現下の世界の中でもその緊張感の無さは
もう嘆かわしく、自国の防衛という崇高な国家課題についても信じられない他国任せの危機感喪失状態だ。 かりに集団的自衛権にしてもアメリカから見れば本当は日本の艦船なんかに頼る気持ちはサラサラない。 彼らは自国民は自分らで保護することを自認している。 日本には外国からの防衛には自国で対応してほしいと言ってるのだ。 それの究極は核武装もOKだと突き放しているのだ。 本来的な防衛の根本を問い詰めてるのだ。 なにを勘違いしてアメリカを助ける意味合いを強調しているのだ。 改めて両国の防衛に関するすれ違いを整理整頓しなければいけない。 これからはアメリカにクリンチして、軽武装経済特化などという戦後のやり方がこれからも続くとはとても思えない。 いちばんは他人のふんどしでという安易な国家が軽い国家意識に繋がって一番の国を守るという国家にとっての最高の規範意識を喪失した戦後日本の軽さは戦争よりも怖いもうすでに国家崩落の直しにくい精神病根を蔓延させてしまっていることだ。 本来負担すべき国家費用は当然に必要だしそんなもののあるべき数字は各国家間で違うのも当然だ。 これだけのアメリカへの負担軽減依存をしておきながらも、いまだ経済の各部門での不協和音が出るのは、その成果、成長の在り方使い方に猛烈な無駄と非効率があるだめだ。 このことがもう最近ではこの国の没落の原因にでもなりそうなほどの、国に内在する非効率、低生産性は国家として日本が急速に疲弊しているからに相違ない。 トランプの日本と韓国に投げたきつーい一言はものの本質を突いている。 まさに一時言われた日本を取り戻すというコマーシャルの一言はまさに至言である。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

トランプ、日韓が基地費用負担がイヤなら自衛の核保有是認。

2016/3/28  (敬称は省略します)
トランプ、日韓が基地費用負担がイヤなら自衛の核保有是認。
アメリカの本音が覗く。 安保タダ乗り論は古くしていまも新しい。
ある面はアメリカの苛立ちがここまで顕在化していることの証左だ。 オバマがもはやアメリカは世界の警察官ではないと世界に突き放した言い方と底辺は相通じるものだ。 それがためアメリカはオバマは積極的に今までのアメリカ絡みの世界の懸案の残滓をロシア相手に急速整理整頓を図って、ただ一つアメリカに対して確信的に歯向かう姿勢を鮮明にしてきた中国にすべての的を絞ってきたのだ。 とくに北は中国の本質的な子分との見方も揺るぎない。 ふら付いていた韓国を強引に米日韓同盟に引き戻して今までになく北に共同軍事同盟への圧力を仕掛けている。 これは今までにない対応であるが、その裏にはアメリカの外交的整理整頓ができたとの纏まり感がアメリカ側の背中を強く推している。 いまアメリカはたった一日であの刈り上げ金正恩をピョンヤンの広場であのルーマニアのチャウシェスクのように像とともに引き倒す力があるとしているようだ。 それでも中国は血の同盟の朝鮮戦争の時のように義勇軍を派遣するかは無いとみる。 中国が見通しを誤れない。 アメリカとことを構えればまず共産党一党体制は崩れるのは間違いない。 隔離され孤立化された中華連邦は瓦解の道しかありえない。  独裁国家は崩れるときは早いものだ。 北を見捨てないと本家の壊滅に至るのだ。 
アメリカのトランプの発言はもうここに来ては単なるヤジではない。 ひとつ間違えば世界の超大国アメリカの正式の大統領の発言になるかもしれない。 
こと韓国だけではなくとくに日本へのいままでの見方はかなりメリハリの効いた強いものになるのは間違いない。 負担と享受の関係の新たな見直しは避けられない。 アメリカは当然、巨大な防衛負担の軽減策を真剣に見直すであろう。 いま世界は日本も含めてアメリカのGDP70%の個人消費に支えられた経済の好調の上に乗っかっているのだ。 中国もBRICSもそして日本もGDPの後退に悩んでいるのに比べて、こんな7-8年も何とか世界の景気を引っ張っているアメリカがひとたびここで保守的な態度に変わりつつあるのは余程注目しておくべきだ。  トランプの激語は決して選挙における妄言でもなさそうだ。 
日本の与野党の空前の政治弛緩は現下の世界の中でもその緊張感の無さは
もう嘆かわしく、自国の防衛という崇高な国家課題についても信じられない他国任せの危機感喪失状態だ。 かりに集団的自衛権にしてもアメリカから見れば本当は日本の艦船なんかに頼る気持ちはサラサラない。 彼らは自国民は自分らで保護することを自認している。 日本には外国からの防衛には自国で対応してほしいと言ってるのだ。 それの究極は核武装もOKだと突き放しているのだ。 本来的な防衛の根本を問い詰めてるのだ。 なにを勘違いしてアメリカを助ける意味合いを強調しているのだ。 改めて両国の防衛に関するすれ違いを整理整頓しなければいけない。 これからはアメリカにクリンチして、軽武装経済特化などという戦後のやり方がこれからも続くとはとても思えない。 いちばんは他人のふんどしでという安易な国家が軽い国家意識に繋がって一番の国を守るという国家にとっての最高の規範意識を喪失した戦後日本の軽さは戦争よりも怖いもうすでに国家崩落の直しにくい精神病根を蔓延させてしまっていることだ。 本来負担すべき国家費用は当然に必要だしそんなもののあるべき数字は各国家間で違うのも当然だ。 これだけのアメリカへの負担軽減依存をしておきながらも、いまだ経済の各部門での不協和音が出るのは、その成果、成長の在り方使い方に猛烈な無駄と非効率があるだめだ。 このことがもう最近ではこの国の没落の原因にでもなりそうなほどの、国に内在する非効率、低生産性は国家として日本が急速に疲弊しているからに相違ない。 トランプの日本と韓国に投げたきつーい一言はものの本質を突いている。 まさに一時言われた日本を取り戻すというコマーシャルの一言はまさに至言である。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

世のなかとんとん

2016/3/28  (敬称は省略します)
世のなかとんとん
駿馬いずこぞ、駄馬にムチ!ムチ!の日本、懲りないニッポン!!
●ここにきてとうとう駿馬のいない駄馬ばかりの浮かれ平成元禄ニッポン。 経済は金融市場はじめとかく官製なになにがまずあってそのあとに内向きに繋がれた民が続く官製相場。政治もしかりで、官製絶対多数の自民にコバンザメ公明が後ろからくっついて官のしんがりを受け持ち、時には小言幸兵衛よろしく口酸っぱく自民をたしなめる。 白けた頭でっかちの駿馬からずっこけたクソ駄馬の野党連中も政党助成金で飼いならされてサラリーマン議員に成り下がっても歳費には文句ないので世の中に、昼寝できて、携帯弄って、文庫本をぺらぺら、同僚議員にも気晴らしの話しかけ、とうとう最後には大あくびでもしてまたまた寝てしまっても、給金が貰えてはこんないい商売はないとさ
で追及もしないアホラシさ。  こんな議員でも締めて年間に約6000万の収入。すべての議員には473億円も。勿論生産性があるならば別に文句はない。 
この金でいくらの待機児童が減るのやら。
 やはり収入から見てこんな天国みたいな職業は他にないのだ。 駄馬にはすぎるこんなええ仕事では、まだその上に収入が増えると言われても駿馬に手綱と言われるほどのきつい仕事はもういらない。 いまの駄馬と言われてもこれほどの緩い仕事はもう病みつきで放したくはないのだろう。 飛行機も新幹線も乗り放題なんだぜ。 そして先生先生と言われた日にゃ。 こんなお仕事は一兵卒でもとても辞められねぇ。
もうこれから少し先には日本も余儀なく対応を迫られるグローバルな世界の良くも悪くも避けられない外圧が容赦なく迫りくる。 そんなもの上のガリガリ亡者と生産性の低い官僚どもには打ってつけだょ。
やはりますます世界の荒波に耐えうるトップ軍団が必要となるが、それの選ぶ受け皿のなんとへらへらの中身の薄いユルフンだろうか? それにしてもこんなタルンだ議員どもを首に出来ない選挙制度こそは亡国の制度だ。 やはり選んだ議員をリコールできる制度があるならばもっと活用すべきで容易に発議できるようにすべきだ。 間違って選んだ議員はある意味簡単に首に出来ることによって議員に恐怖を与えるべきだ。 これは国会が余りにも無為無策であるから、選んだ国民有権者に改めてその選択をさせる義務を付加せしめて議員選択の目を厳しくさせる意味合いがある。 つまりは議員を簡単に選挙民が辞めさせられる権利をまずは奪回して議員の質の向上に資するためでもある。 しかしそれには選ぶ有権者の資質も問題かも知れんねぇ。
それほどに議員の質も選ぶ方も落ちているのだ。 駿馬が横溢して選ぶのに困るほどの時代はあったのだろうか? そういうプラスの駿馬に手綱の時代が一度でもなければこれからの先行きは日本は政治小国を脱し得ない。 今のアベ政治は倫理性のない駿馬無き政治小国の、そのまたタルンだやる気のないカネ目当ての政治ブローカー議員の生んだ奇形政治の成れの果てなのだ。 いまは日本政治に与野党の区別のない政治理念の信じられない倫理的堕落が黒い霧のように日本に覆いかぶさっているのを意識せずにはおれない。 その黒い霧はあらゆる人間が作った制度をすり抜けて拡がっている。 自分らの作った甘々のザル法が止まるところを知らないルーズな世界に、みんなで渡れば怖くないの横着横柄を地で行く特殊ムラを作り上げてブヅブツ言ってるだけだ。 
しかし世の中、必ず良くないことはケツを拭く日が来るんだよねぇ。 やはり昔からお天道様は騙されねぇ。  きっちりと見ていなさると信じてぇ。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

駿馬いずこぞ、駄馬にムチ!ムチ!の日本、懲りないニッポン!!

2016/3/28  (敬称は省略します)
駿馬いずこぞ、駄馬にムチ!ムチ!の日本、懲りないニッポン!!
●ここにきてとうとう駿馬のいない駄馬ばかりの浮かれ平成元禄ニッポン。 経済は金融市場はじめとかく官製なになにがまずあってそのあとに内向きに繋がれた民が続く官製相場。政治もしかりで、官製絶対多数の自民にコバンザメ公明が後ろからくっついて官のしんがりを受け持ち、時には小言幸兵衛よろしく口酸っぱく自民をたしなめる。 白けた頭でっかちの駿馬からずっこけたクソ駄馬の野党連中も政党助成金で飼いならされてサラリーマン議員に成り下がっても歳費には文句ないので世の中に、昼寝できて、携帯弄って、文庫本をぺらぺら、同僚議員にも気晴らしの話しかけ、とうとう最後には大あくびでもしてまたまた寝てしまっても、給金が貰えてはこんないい商売はないとさ
で追及もしないアホラシさ。  こんな議員でも締めて年間に約6000万の収入。すべての議員には473億円も。勿論生産性があるならば別に文句はない。 
この金でいくらの待機児童が減るのやら。
 やはり収入から見てこんな天国みたいな職業は他にないのだ。 駄馬にはすぎるこんなええ仕事では、まだその上に収入が増えると言われても駿馬に手綱と言われるほどのきつい仕事はもういらない。 いまの駄馬と言われてもこれほどの緩い仕事はもう病みつきで放したくはないのだろう。 飛行機も新幹線も乗り放題なんだぜ。 そして先生先生と言われた日にゃ。 こんなお仕事は一兵卒でもとても辞められねぇ。
もうこれから少し先には日本も余儀なく対応を迫られるグローバルな世界の良くも悪くも避けられない外圧が容赦なく迫りくる。 そんなもの上のガリガリ亡者と生産性の低い官僚どもには打ってつけだょ。
やはりますます世界の荒波に耐えうるトップ軍団が必要となるが、それの選ぶ受け皿のなんとへらへらの中身の薄いユルフンだろうか? それにしてもこんなタルンだ議員どもを首に出来ない選挙制度こそは亡国の制度だ。 やはり選んだ議員をリコールできる制度があるならばもっと活用すべきで容易に発議できるようにすべきだ。 間違って選んだ議員はある意味簡単に首に出来ることによって議員に恐怖を与えるべきだ。 これは国会が余りにも無為無策であるから、選んだ国民有権者に改めてその選択をさせる義務を付加せしめて議員選択の目を厳しくさせる意味合いがある。 つまりは議員を簡単に選挙民が辞めさせられる権利をまずは奪回して議員の質の向上に資するためでもある。 しかしそれには選ぶ有権者の資質も問題かも知れんねぇ。
それほどに議員の質も選ぶ方も落ちているのだ。 駿馬が横溢して選ぶのに困るほどの時代はあったのだろうか? そういうプラスの駿馬に手綱の時代が一度でもなければこれからの先行きは日本は政治小国を脱し得ない。 今のアベ政治は倫理性のない駿馬無き政治小国の、そのまたタルンだやる気のないカネ目当ての政治ブローカー議員の生んだ奇形政治の成れの果てなのだ。 いまは日本政治に与野党の区別のない政治理念の信じられない倫理的堕落が黒い霧のように日本に覆いかぶさっているのを意識せずにはおれない。 その黒い霧はあらゆる人間が作った制度をすり抜けて拡がっている。 自分らの作った甘々のザル法が止まるところを知らないルーズな世界に、みんなで渡れば怖くないの横着横柄を地で行く特殊ムラを作り上げてブヅブツ言ってるだけだ。 
しかし世の中、必ず良くないことはケツを拭く日が来るんだよねぇ。 やはり昔からお天道様は騙されねぇ。  きっちりと見ていなさると信じてぇ。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/