So-net無料ブログ作成
検索選択

世のなかとんとん

2015/12/31 (敬称は省略します)
世のなかとんとん
フィッピンがAIIBに正式加入
●加入を希望していたが南沙諸島の帰属問題で中国と対立していたが、この年末に踏ん切りをつけたという。 同国のインフラの整備に相当なカネがいるとのことだ。 国際金融機関での調達では総額の半分ほどしかにならない。 経済の拡大基調がこのまま続けるためにも基礎インフラはもう必須の政治課題だったらしい。 領土領海という国にとっての死活核心的利益のこともあっても、国の基礎整備に纏わるインフラなしには今後の経済の更なる進展は無理だと判断したものだ。 ADB(アジア開発銀行)よりも融資条件の借りる側からの有利性が決めてになったものだ。 まあフィリピンにとっては背に腹は代えられないということだろう。 中国の元が国際通貨として認知されたこともあって、今後中国の通貨運用の拡大がどのようになってゆくかはやはり大きな注目を呼ぶことだろう。 それに加えて中国は国内経済の落ち込みをこんご輸出でカバーする動きのドライブが相当強くなり、そのためにも元安を武器にする。 すでに日本の円安とも競合しだしている。 通貨安の熾烈な競り合いがこれから始まるような感じだ。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

フィッピンがAIIBに正式加入


2015/12/31 (敬称は省略します)
フィッピンがAIIBに正式加入
●加入を希望していたが南沙諸島の帰属問題で中国と対立していたが、この年末に踏ん切りをつけたという。 同国のインフラの整備に相当なカネがいるとのことだ。 国際金融機関での調達では総額の半分ほどしかにならない。 経済の拡大基調がこのまま続けるためにも基礎インフラはもう必須の政治課題だったらしい。 領土領海という国にとっての死活核心的利益のこともあっても、国の基礎整備に纏わるインフラなしには今後の経済の更なる進展は無理だと判断したものだ。 ADB(アジア開発銀行)よりも融資条件の借りる側からの有利性が決めてになったものだ。 まあフィリピンにとっては背に腹は代えられないということだろう。 中国の元が国際通貨として認知されたこともあって、今後中国の通貨運用の拡大がどのようになってゆくかはやはり大きな注目を呼ぶことだろう。 それに加えて中国は国内経済の落ち込みをこんご輸出でカバーする動きのドライブが相当強くなり、そのためにも元安を武器にする。 すでに日本の円安とも競合しだしている。 通貨安の熾烈な競り合いがこれから始まるような感じだ。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

世のなかとんとん

2015/12/30 (敬称は省略します)
世のなかとんとん
長州山口韓国は観念主義と議論好きに加えて弁解主義の海一重のお隣さん
●韓国と長州山口は海を隔てて本当に近い。 往古より人に行き来は限りない。
当然考え方にもその下地がよく似ることもあり、似たものはなかなか話し合えない。 今回の藪から棒にに急いだ慰安婦無理やり合意はどちらから仕掛けたのかは別にして、とにかく50周年の節目の最後にというお題目が東洋人種の
双方を引き付けたもので仮に来年とかもっと先になってもおかしくないものだった。 その無理が早速両国合意声明のその翌日から両国内でも反論が噴出しているが、日本の場合の右翼政党のあのなんとかとういうおばちゃんの物言いは良くは分からないがただ韓国憎しだけで聞くに堪えない。 こんなアホ右翼政党がたったの5人前後でも政党助成金で食っているのかと思うと腹立たしい。 それよりも韓国サイドのあの荒れようは何なのだ。 あれでは根回しもできないのもよくわかる。 とうとうアメリカまで火が飛んでアメリカの慰安婦像の早速の撤去反対で火消しどころか思わぬやけぼっくいの煽り火を激しくした騒ぎだ。そしてまた台湾中国にも我々にもご報謝と呼びかけられている。 アメリカ政府も応援のつもりが韓国政治団体からの突き上げで逆効果と相成った。 もともと歴史的には長州は観念主義、つまり右翼サイドに傾く地域の巣屈だ。 議論だけでなく弁解もその裏返しで口達者な藩であった。 韓国とどっこいどっこいで端から余程根回しを重ねないと相手は自分と同じ理屈、それも屁理屈を捏ね上げるいわば自分の分身と言ってもいいのだ。 いまになってきのう政府は法的立場には一切変更は無いと原則的立場を強弁した。 これも可笑しい。 それならば安倍の謝罪の弁は、それも村山、河野両談話よりもなお踏み込んだ謝罪として日本側は共産党、自民の右翼サイドの連中も含めて大いなる理解賛同を示したのは何だったのか?
慌てた政府は慰安婦に対する助成基金の10億円は、各国日本大使館前はもちろんアメリカの像までを含めた少女像の撤去確認後に振り込むという声明を余儀なくされた。 政府は来夏の参院選に向かってまずは第一歩と意気込んだ本件でけつまづいたことになる。 功を焦った長州人のこれに対する弁解はどうなるのか?  たぶん責任は挙げて韓国側にあるということだろう。 
お隣の北はそれをみてほくそ笑むのは間違いない。 朴女史の訪日は在任中は無理かもしれない。 これも自業自得である。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/


長州山口と韓国は観念主義と議論好きに加えて弁解主義の海一重のお隣さん

2015/12/30 (敬称は省略します)
長州山口韓国は観念主義と議論好きに加えて弁解主義の海一重のお隣さん
●韓国と長州山口は海を隔てて本当に近い。 往古より人に行き来は限りない。
当然考え方にもその下地がよく似ることもあり、似たものはなかなか話し合えない。 今回の藪から棒にに急いだ慰安婦無理やり合意はどちらから仕掛けたのかは別にして、とにかく50周年の節目の最後にというお題目が東洋人種の
双方を引き付けたもので仮に来年とかもっと先になってもおかしくないものだった。 その無理が早速両国合意声明のその翌日から両国内でも反論が噴出しているが、日本の場合の右翼政党のあのなんとかとういうおばちゃんの物言いは良くは分からないがただ韓国憎しだけで聞くに堪えない。 こんなアホ右翼政党がたったの5人前後でも政党助成金で食っているのかと思うと腹立たしい。 それよりも韓国サイドのあの荒れようは何なのだ。 あれでは根回しもできないのもよくわかる。 とうとうアメリカまで火が飛んでアメリカの慰安婦像の早速の撤去反対で火消しどころか思わぬやけぼっくいの煽り火を激しくした騒ぎだ。そしてまた台湾中国にも我々にもご報謝と呼びかけられている。 アメリカ政府も応援のつもりが韓国政治団体からの突き上げで逆効果と相成った。 もともと歴史的には長州は観念主義、つまり右翼サイドに傾く地域の巣屈だ。 議論だけでなく弁解もその裏返しで口達者な藩であった。 韓国とどっこいどっこいで端から余程根回しを重ねないと相手は自分と同じ理屈、それも屁理屈を捏ね上げるいわば自分の分身と言ってもいいのだ。 いまになってきのう政府は法的立場には一切変更は無いと原則的立場を強弁した。 これも可笑しい。 それならば安倍の謝罪の弁は、それも村山、河野両談話よりもなお踏み込んだ謝罪として日本側は共産党、自民の右翼サイドの連中も含めて大いなる理解賛同を示したのは何だったのか?
慌てた政府は慰安婦に対する助成基金の10億円は、各国日本大使館前はもちろんアメリカの像までを含めた少女像の撤去確認後に振り込むという声明を余儀なくされた。 政府は来夏の参院選に向かってまずは第一歩と意気込んだ本件でけつまづいたことになる。 功を焦った長州人のこれに対する弁解はどうなるのか?  たぶん責任は上げて韓国側にあるということだろう。 
お隣の北はそれをみてほくそ笑むのは間違いない。 朴女史の訪日は在任中は無理かもしれない。 これも自業自得である。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

世のなかとんとん

2015/12/29 (敬称は省略します)
世のなかとんとん
慰安婦問題の解決
●日韓のトゲがまさに年末のきのう不可逆的という報道が躍って安倍の謝罪を添えて急転一頓挫したという。 安倍は一時は歴史の中で評価が明らかになるなどと突き放すような発言を2年前の予算委員会で放言していたのに。
まあそれは別にしてもあの少女像はどうなるのか?  これがいちばん恥ずかしい汚点の現実を指し示す展示物だ。 これが無くならない限り日本側にとっての現実の解決ではない。  もちろん 韓国は勿論のことアメリカや中国のものも撤去されないとあれは実に汚物を顔に塗り付けられた究極のマイナスの歴史遺産だ。 これが撤去されて初めて慰安婦問題は終わったと見たい。 
今回、ここまでの急速展開にはそれなりの水面下の理由があったはずだ。
その双方に急ぐ理由はやはり両国間だけでなく、個別にみてもいまの世界的な経済失速が両国にも押し被さってきているのだ。 とくに韓国は中国傾斜がここにきて揺り戻しの大減速が相当に軽くない影を落としているはずだからだ。 そんな中、朴女史も背に腹は代えられない中で、取りあえずの慰安婦カードをダシに日本に解決を向こうから迫ったのだろう。 とくに将来に向けてのアメリカ主導の日本も参加したTPPへの思惑はかなり強いと思う。
日本もいま来年以降は更なる消費減速から国内GDPの先行きに黄色信号が付きかねない。 そのためにも低迷している日韓の貿易および失効している外貨スワップの再開など経済交流を強めたいとの思惑は以前にも増して強まっているはずだ。 そういう戦略的互恵関係の再構築が対日強硬派の朴女史の背中を強く推した。
安倍もどうやら国内経済のアベノミクス効果の雲散霧消の中で成長路線の政策の一助の為にも中国に引きずられている韓国をこちらに引き寄せたいという双方の利害の産物である。 
不可逆的とは偉そうなことを日本も言えない、自国経済のために韓国を突き放したり呼び込んだりの自立性のない隣国政策は堂々たる国家のすべきやりようではない。 一貫性のなさはこちらにもその言われる理由があるのだ。
まあこれはこれであとあとのことが約束通り履行されて初めて今回の決定が
成立したことになるので、いまはまあ両国の仮声明の域を出ないと思う。 両政府はお互いに両国民に真実を伝えていない。 その意味で安倍の謝罪は信用ならない。 安倍にこそ不可逆的輪っかを嵌めたい政治的発言が多いのだ。 裏が多すぎる。平気でうそをつく性癖はいままでをみれば明らかだ。 相手を詰るよりも自国の安倍にも鋭い言葉の腑分けをすべきである。
直接には関係はないがこの同じ日に安倍の嫁が靖国に行っている。 小さい記事だがなんでこんな日に嫁がこそこそと行くのだ。 安倍のこんな陰険な指示が実にいやみでこの人物の卑小な性格を如実に示している。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

慰安婦問題の解決

2015/12/29 (敬称は省略します)
慰安婦問題の解決
●日韓のトゲがまさに年末のきのう不可逆的という報道が躍って安倍の謝罪を添えて急転一頓挫したという。 安倍は一時は歴史の中で評価が明らかになるなどと突き放すような発言を2年前の予算委員会で放言していたのに。
まあそれは別にしてもあの少女像はどうなるのか?  これがいちばん恥ずかしい汚点の現実を指し示す展示物だ。 これが無くならない限り日本側にとっての現実の解決ではない。  もちろん 韓国は勿論のことアメリカや中国のものも撤去されないとあれは実に汚物を顔に塗り付けられた究極のマイナスの歴史遺産だ。 これが撤去されて初めて慰安婦問題は終わったと見たい。 
今回、ここまでの急速展開にはそれなりの水面下の理由があったはずだ。
その双方に急ぐ理由はやはり両国間だけでなく、個別にみてもいまの世界的な経済失速が両国にも押し被さってきているのだ。 とくに韓国は中国傾斜がここにきて揺り戻しの大減速が相当に軽くない影を落としているはずだからだ。 そんな中、朴女史も背に腹は代えられない中で、取りあえずの慰安婦カードをダシに日本に解決を向こうから迫ったのだろう。 とくに将来に向けてのアメリカ主導の日本も参加したTPPへの思惑はかなり強いと思う。
日本もいま来年以降は更なる消費減速から国内GDPの先行きに黄色信号が付きかねない。 そのためにも低迷している日韓の貿易および失効している外貨スワップの再開など経済交流を強めたいとの思惑は以前にも増して強まっているはずだ。 そういう戦略的互恵関係の再構築が対日強硬派の朴女史の背中を強く推した。
安倍もどうやら国内経済のアベノミクス効果の雲散霧消の中で成長路線の政策の一助の為にも中国に引きずられている韓国をこちらに引き寄せたいという双方の利害の産物である。 
不可逆的とは偉そうなことを日本も言えない、自国経済のために韓国を突き放したり呼び込んだりの自立性のない隣国政策は堂々たる国家のすべきやりようではない。 一貫性のなさはこちらにもその言われる理由があるのだ。
まあこれはこれであとあとのことが約束通り履行されて初めて今回の決定が
成立したことになるので、いまはまあ両国の仮声明の域を出ないと思う。 両政府はお互いに両国民に真実を伝えていない。 その意味で安倍の謝罪は信用ならない。 安倍にこそ不可逆的輪っかを嵌めたい政治的発言が多いのだ。 裏が多すぎる。平気でうそをつく性癖はいままでをみれば明らかだ。 相手を詰るよりも自国の安倍にも鋭い言葉の腑分けをすべきである。
直接には関係はないがこの同じ日に安倍の嫁が靖国に行っている。 小さい記事だがなんでこんな日に嫁がこそこそと行くのだ。 安倍のこんな陰険な指示が実にいやみでこの人物の卑小な性格を如実に示している。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

熾烈になってきた増税財政規律(財務省)派と成長(官邸)派

2015/12/28 (敬称は省略します)
熾烈になってきた増税財政規律(財務省)派と成長(官邸)派
●公明の抵抗で一応の大筋合意となった軽減税率を取り入れるとした消費税増税は決着は実はしていない。 すべては来夏の参院選への与党内部の思惑の上に立った危ういバランスの乗っかった仮決めだ。 それが証拠に財務省は財源は未定としてかき集めれはせむできるのにその仕事を公明と官邸に当てつけて先送りした。もともと端から政府官邸は公明と谷垣幹事長に丸投げのいわば高みの見物で腰は引けていた。 ともあれ公明と自民党で言いたいことを言わせてのガス抜き劇でとりあえずの意の形だけを残した。 やはり来夏といえばもうすぐに年明けから熾烈な選挙態勢からで落ち着かない。 いまはともかくも選挙態勢へ焦点はすでに激烈に始まっているのだ。 その結果で絵の書きようがいろいろあるとする官邸の本音はいつもの常套手段である。 そして最終的には選挙をさらに盛り上げるために選挙前に隠れたお得意のトリガー方式の援用をした言いぐさで経済の見通し悪化などを理由にぎりぎり手前で官邸専用のバズーカ砲を政策用としてぶっ放す可能性の匂いが強い。
要は昨年の二匹目のドジョウをあてこんでいるのだ。 
これは経済を武器にして国民大衆に揺さぶりをかけるやり方だが、やはりいまの経済が心底安心でないのだ。 もう株価の上昇の余地ののりしろは殆ど埋まっているかもしれない。 だから黒田も口ではなんでもやるときはやるとバズーカの3発目をほざいているが、先週の入れり出したりのニセのバズーカ宣言には投資家は一様にかなり押し込まれていることを感じている。 その意味でも消費税の問題はいま密かに冷蔵庫中でまさに冷凍とは言わないが冷蔵中というのが正しいのでは。 おおさか維新との距離感にも官邸は神経は過敏のはずだ。 また一方さすがに野党もここにきて水面下で統一運動の動きもやっと熊本で花が開いたらしい。 年明けからはいよいよ政局めいてサボっていた国会政治が動き出す。 
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

世のなかとんとん

2015/12/27 (敬称は省略します)
世のなかとんとん
いずれ嫌われ、そぐわない日本基準の煩わしさが日本のガラパゴスを加速?
●日本の携帯などもあまりに設定が多すぎてもっと安く、もっと簡便なものをという期待が多いのはよく聞いた。 世界にはいろいろなタイプの需要がある。 その意味で日本型のモデルにしたやり方は汎用性はない。小型電気機器でサムソンや他国にまったく引けを取っている。 もし輸出を望まないならばそれでいいのだが。 こういう日本基準は日本人でも煩わしい。 余計な技術お世話がゆゆすぎるのだ。 おもてなしと言いながら随分と押し付けがましさが表に出て誤解される国柄でもある。 日本人がこの国に生活していて実にその押し付けにも辟易するのでは。外国の人に於いておやである。 いわゆる世間という目が結構息苦しさで迫ってくる。 
最近も新幹線輸出で日本はインドネシアに逆転で絶対的な援助絡みからの受注間違いなしの成約を逃したが、どうやら日本の外務省などの業務怠慢などとも言及されて元々からの外務省の高踏的姿勢が批判されたが、こんなことを外務省に言っても始まらない。 もともと外務省が新幹線をよく知るわけはないしただの連絡役でしかない。 中国の報道の方がなるほどと思わせる。 上の携帯のなしは白物家電でももう10年以上前から中国や韓国でも現地に対応した結構きめの細かい現地希望仕様を作って輸出してもう日本は割り込めないほどの独占市場である。 やはり彼らはいわゆる足で稼いでいるのだ。 むしろ先方の細かくても搔いてほしいところの気持ちを製品に反映させているのだ。 それがもう日本人には煩わしいのだ。 いいものだから買って当然だと言わんばかりの鼻持ちならん啓蒙的高踏的な姿勢であったろう。 日本の汎用電化製品の軒並みの撤退がいまのいまになった。 成長期は20社くらいの電機メーカーは今は大手も入れても僅かしか残っていない。 当然である。 東芝。シャープを見ればよく分かる。 日本はそれでもロケット、飛行機、原発、精密機械がまだまだある。 おっと新幹線もだ。と言って逃げ込んでいる。 これもかなり他国は追い込んできている。 やはりなにか追い込まれているの気分は抜けないのだ。
新幹線も日本は新幹線の独自優越神話に浸っていたがこのインドネシアの獲得失敗で分かったことは、相手方に必要のない精密仕様を誇ってその技術優越性の自己満足で相手国の希望実態と価格に対する期待値を考慮に入れていなかったことだ。 一分一秒の誤差の正確さを問うなんては相手にはほとんど関係ないのだ。 事故のことだって新幹線は死者がいままで営業運転ではなかったとはいえ相手はそんなことを絶対にして必要な条件とは考えない場合もあるのだ。 とにかくは価格がやはり核となるのだ。 もちろん政治的な背景もあろうが技術の高さを売り物にしてこちらの条件仕様を強制するやり方は問題だ。 中国がこれに対して日本とは別の柔軟な条件で迫ってゆけば、つまりとにかく低価格で必要最低限度の新幹線仕様を追い込んでゆけば日本はいずれ追いつめられる。 日本仕様とは文化における日本の押し付けにほかならない。 そんなことが後進国から中進国の発展途上国に変貌してきている彼らが腹の底で反発しているのも分からぬでない。 結構日本人は院議無礼な高慢ちきな人種とみられてもいるのだ。 とくに近隣アジア諸国からは。
世界はインターネットによって産業革命よりも数倍の文化技術大革命に入ってまだ40年にも満たないほんの入り口で、すでに技術の拡散は日本人が想像する以上に世界に到達しているのだ。 この先の世界の変貌はもう想像を絶する。 そんな中でチマチマとした日本基準なんて吹けば飛ぶような存在になるかもしれない。 日本基準でないと存在しにくい煩わしいこの日本得意分野はこれから先、確実に狭まってゆく。日本ではそのことはあまり正しく伝えられていない。 いま人口減少の真っただ中に入りかけてこれのを通り過ぎるのにまだこれから先2030-2040年まで中をとってもこの先20年はトンネルの真っただ中だ。 いまの20才がエエ年の40歳ころには、もし新幹線需要があったとして日本の新幹線が世界の中でどれだけ走っているだろうか?  そんなことよりはもっと世界に門戸を開いて無理な輸出をしないで、いまの内需65%をもっと増やして世界と仲良くバランスをとる政策が大切だ。 とにかく規制規制の文書主義の堅苦しい国柄はもう守ろうとしても土台無理だ。  何千年も前にポリネシアやミクロネシアから南の海伝いにインドネシア、マレーシア、ベトナム、中国南部を経てもともとそれよりの先住民たちとの合作がいまの我れわれの祖先だ。 みーんな仲間なんだ。 そう思えば難しいこともない。 分からないときはそう意味ではじめに戻ればいい。 今に残る中国の文書主義が日本もそんなとこだけは引き継いで約1000年ほど墨守してきたが、それもこの先いつまでも続くとは思えない。 本当は1945年に国家滅亡が当然であったのに、戦勝国のお慈悲で国家再生をさせてもらっただけでも感謝感激のハズであった。 それほどのとんでもない国家肥大の末のいまをすっかり忘れたようなこの国の平和ボケは今になっても歴史の中で自分のしたことを忘却していまに日本主義の旗をまたまた愚かにも画策して掲げんとしている。 この横着横柄さには詭弁を通す陰険な日本の別の顔が見え隠れしているのだ。 それは前非を顧みないど厚かましい謙虚さのない安倍の姿に透かし彫りで顕れている。
それが戦後70年経って、アメリカの庇護のもとにやんちゃのガキが薄笑いして再生復活せんとの錯覚を現実と見誤って桃クリ三年柿八年と言い放っている放埓さにはあきれ果てるのだ。
 やはり原爆2発も自業自得以外に怒りの矛先は他に向けてはならない。 われわれ自身も至らない無知な国民の歴史を紡いで今日に至っているのだ。 もともとこの国にはもともと温容な南方系の血筋と大陸北方系に加えて中国南方、北方騎馬系の少数外来系の混ざり合いが時代を分けて外来してきた。
ただ文字を有して先進文化域からの外来系が、文化文字を有していなかった紀元前後から文明文化に浴してその中から小賢しく偉そうな文治主義だけを選別的に取り入れたのだ。 しかしそれ以後いまに1000年を経たのがいまだ。
これから先は滔々たるIT技術の人間への知識の急速急拡大の乗数的爆発の前に経済と政治の異次元の未踏の域に立ち至らんとしている。 あの戦争の原点を忘れていまの自己肥大のまたまたの大錯誤に陥らんとするこの国は国の今後を規定する憲法と原発と安全保障つまり国の近所付き合いのあり方で根本的な狭い小世界論理の中にまたまた懲りない逃げ込みを図らんとしている。 うえの三つは究極的には日本が日本であるための世界に尊敬を得て過去の贖罪も含めての避けられない大道である。 どの一つも外せない日本の王道として進む大指針だ。 ちまちまとした日本主義はもう打ち捨てないと先祖の流れ着いて今まで育て上げたこの国をふたたび奈落の国家使用滅の淵に追い込むことになるぞ。 もう二度目は世界も許さない。 日本は世界に生かされるためにもよく考えないといけない。 こんなことではいつかまたアメリカが袖にしないとも限らない。 その時には日本の道は閉ざされるのだ。 

いずれ嫌われ、そぐわない日本基準の煩わしさが日本のガラパゴスを加速?

2015/12/27 (敬称は省略します)
いずれ嫌われ、そぐわない日本基準の煩わしさが日本のガラパゴスを加速?
●日本の携帯などもあまりに設定が多すぎてもっと安く、もっと簡便なものをという期待が多いのはよく聞いた。 世界にはいろいろなタイプの需要がある。 その意味で日本型のモデルにしたやり方は汎用性はない。小型電気機器でサムソンや他国にまったく引けを取っている。 もし輸出を望まないならばそれでいいのだが。 こういう日本基準は日本人でも煩わしい。 余計な技術お世話がゆゆすぎるのだ。 おもてなしと言いながら随分と押し付けがましさが表に出て誤解される国柄でもある。 日本人がこの国に生活していて実にその押し付けにも辟易するのでは。外国の人に於いておやである。 いわゆる世間という目が結構息苦しさで迫ってくる。 
最近も新幹線輸出で日本はインドネシアに逆転で絶対的な援助絡みからの受注間違いなしの成約を逃したが、どうやら日本の外務省などの業務怠慢などとも言及されて元々からの外務省の高踏的姿勢が批判されたが、こんなことを外務省に言っても始まらない。 もともと外務省が新幹線をよく知るわけはないしただの連絡役でしかない。 中国の報道の方がなるほどと思わせる。 上の携帯のなしは白物家電でももう10年以上前から中国や韓国でも現地に対応した結構きめの細かい現地希望仕様を作って輸出してもう日本は割り込めないほどの独占市場である。 やはり彼らはいわゆる足で稼いでいるのだ。 むしろ先方の細かくても搔いてほしいところの気持ちを製品に反映させているのだ。 それがもう日本人には煩わしいのだ。 いいものだから買って当然だと言わんばかりの鼻持ちならん啓蒙的高踏的な姿勢であったろう。 日本の汎用電化製品の軒並みの撤退がいまのいまになった。 成長期は20社くらいの電機メーカーは今は大手も入れても僅かしか残っていない。 当然である。 東芝。シャープを見ればよく分かる。 日本はそれでもロケット、飛行機、原発、精密機械がまだまだある。 おっと新幹線もだ。と言って逃げ込んでいる。 これもかなり他国は追い込んできている。 やはりなにか追い込まれているの気分は抜けないのだ。
新幹線も日本は新幹線の独自優越神話に浸っていたがこのインドネシアの獲得失敗で分かったことは、相手方に必要のない精密仕様を誇ってその技術優越性の自己満足で相手国の希望実態と価格に対する期待値を考慮に入れていなかったことだ。 一分一秒の誤差の正確さを問うなんては相手にはほとんど関係ないのだ。 事故のことだって新幹線は死者がいままで営業運転ではなかったとはいえ相手はそんなことを絶対にして必要な条件とは考えない場合もあるのだ。 とにかくは価格がやはり核となるのだ。 もちろん政治的な背景もあろうが技術の高さを売り物にしてこちらの条件仕様を強制するやり方は問題だ。 中国がこれに対して日本とは別の柔軟な条件で迫ってゆけば、つまりとにかく低価格で必要最低限度の新幹線仕様を追い込んでゆけば日本はいずれ追いつめられる。 日本仕様とは文化における日本の押し付けにほかならない。 そんなことが後進国から中進国の発展途上国に変貌してきている彼らが腹の底で反発しているのも分からぬでない。 結構日本人は院議無礼な高慢ちきな人種とみられてもいるのだ。 とくに近隣アジア諸国からは。
世界はインターネットによって産業革命よりも数倍の文化技術大革命に入ってまだ40年にも満たないほんの入り口で、すでに技術の拡散は日本人が想像する以上に世界に到達しているのだ。 この先の世界の変貌はもう想像を絶する。 そんな中でチマチマとした日本基準なんて吹けば飛ぶような存在になるかもしれない。 日本基準でないと存在しにくい煩わしいこの日本得意分野はこれから先、確実に狭まってゆく。日本ではそのことはあまり正しく伝えられていない。 いま人口減少の真っただ中に入りかけてこれのを通り過ぎるのにまだこれから先2030-2040年まで中をとってもこの先20年はトンネルの真っただ中だ。 いまの20才がエエ年の40歳ころには、もし新幹線需要があったとして日本の新幹線が世界の中でどれだけ走っているだろうか?  そんなことよりはもっと世界に門戸を開いて無理な輸出をしないで、いまの内需65%をもっと増やして世界と仲良くバランスをとる政策が大切だ。 とにかく規制規制の文書主義の堅苦しい国柄はもう守ろうとしても土台無理だ。  何千年も前にポリネシアやミクロネシアから南の海伝いにインドネシア、マレーシア、ベトナム、中国南部を経てもともとそれよりの先住民たちとの合作がいまの我れわれの祖先だ。 みーんな仲間なんだ。 そう思えば難しいこともない。 分からないときはそう意味ではじめに戻ればいい。 今に残る中国の文書主義が日本もそんなとこだけは引き継いで約1000年ほど墨守してきたが、それもこの先いつまでも続くとは思えない。 本当は1945年に国家滅亡が当然であったのに、戦勝国のお慈悲で国家再生をさせてもらっただけでも感謝感激のハズであった。 それほどのとんでもない国家肥大の末のいまをすっかり忘れたようなこの国の平和ボケは今になっても歴史の中で自分のしたことを忘却していまに日本主義の旗をまたまた愚かにも画策して掲げんとしている。 この横着横柄さには詭弁を通す陰険な日本の別の顔が見え隠れしているのだ。 それは前非を顧みないど厚かましい謙虚さのない安倍の姿に透かし彫りで顕れている。
それが戦後70年経って、アメリカの庇護のもとにやんちゃのガキが薄笑いして再生復活せんとの錯覚を現実と見誤って桃クリ三年柿八年と言い放っている放埓さにはあきれ果てるのだ。
 やはり原爆2発も自業自得以外に怒りの矛先は他に向けてはならない。 われわれ自身も至らない無知な国民の歴史を紡いで今日に至っているのだ。 もともとこの国にはもともと温容な南方系の血筋と大陸北方系に加えて中国南方、北方騎馬系の少数外来系の混ざり合いが時代を分けて外来してきた。
ただ文字を有して先進文化域からの外来系が、文化文字を有していなかった紀元前後から文明文化に浴してその中から小賢しく偉そうな文治主義だけを選別的に取り入れたのだ。 しかしそれ以後いまに1000年を経たのがいまだ。
これから先は滔々たるIT技術の人間への知識の急速急拡大の乗数的爆発の前に経済と政治の異次元の未踏の域に立ち至らんとしている。 あの戦争の原点を忘れていまの自己肥大のまたまたの大錯誤に陥らんとするこの国は国の今後を規定する憲法と原発と安全保障つまり国の近所付き合いのあり方で根本的な狭い小世界論理の中にまたまた懲りない逃げ込みを図らんとしている。 うえの三つは究極的には日本が日本であるための世界に尊敬を得て過去の贖罪も含めての避けられない大道である。 どの一つも外せない日本の王道として進む大指針だ。 ちまちまとした日本主義はもう打ち捨てないと先祖の流れ着いて今まで育て上げたこの国をふたたび奈落の国家使用滅の淵に追い込むことになるぞ。 もう二度目は世界も許さない。 日本は世界に生かされるためにもよく考えないといけない。 こんなことではいつかまたアメリカが袖にしないとも限らない。 その時には日本の道は閉ざされるのだ。 
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

世のなかとんとん

2015/12/26 (敬称は省略します)
世のなかとんとん
もういつまでも高下駄[円安]はイカン。平成の貨幣改悪に等しい。
●トリクルダウンなどと言っても結局は二階から目薬だ。 当然に国内消費は湿ったまだ。 もう三年目のメルクマールで安倍政権も取りあえず仮決算だ。
もうなにか来夏の参院選での憲法改正にかこつけて更なる政権へその一点に目くらまししている。 しかし明らかに政治経済の環境は潮目に変化を表わしてきている。 まずは懸案のアメリカ金利引き上げだ。 世界的にカネの流れと金融経済からの脱却と真っ当な正業への志向が促進される。 そのことがいずれ為替に顕れるのが来年だと思う。 そして最大のxは石油価格の動向だがもう暫くは反騰の兆しは少ない。 供給過剰は続く。 世界の経済は石油をがぶ飲みよりも環境を重視し省力化はますます加速へ向かう。 経済の自然な実態が反映される動きに政治も結局は追随する意味から世界は段落的に政治危機を少なくして経済の回復への時間を取り戻す方向に舵を切ってゆく。 そんな変わり目に移ってゆく世界の政治ステージの中で日本が今なんで寝ている子を揺り起こしてまでほとんどの国の関心の薄い憲法改正をする必要性は国内にもないし世界的な関心も引き起こさない。 むしろテロの助長の口実にされるだけの愚策である。 選挙が近づくにつれて寝ていた国民大衆はやっと本当に猫だましに覚醒するものと思う。 日本だけの季節外れの政治の季節はそのころのまでの経済の後退に反応して政府の画策をたぶん引っ張る雰囲気を強めて政府は大きなダメージを食らうと思う。 そのことの反動から政権はバランスを失して方向性を下手すると見失いダッチロールもあり得る。 
経済がつまりは政治を動かすという真実を無視して、政治が経済を恣意的に必要以上に利用した時の愚のマイナスの歴史に凝り性もなく繰り返す。 そんないやなステージが見えます。 壮大な国家的ロスをこのアホ政府は間違いなく出くわすことでしょう。  いっぽう高下駄で労せずして浮利を手に入れた企業もそのことの何たるかが分かることになるのは当然である。 国の安売りに協力した日銀もその後始末には膨大な時間を掛けての初めの年にせねばならない。
正業への回帰。 あのアメリカでさえも8-9年かかったのだ。 いわんやこの落ち目に輪がかかった日本に於いておやである。
まずは経済が政治のあるべき羅針盤を規定する。 これは企業家における社是、家訓であり、国における憲法に等しい
http://www.new-life-club.com/bizdoor/