So-net無料ブログ作成

野田総務相「総裁批判は卑怯」(日経) に唖然だ。

2017/8/9-2 (敬称は省略します)
野田総務相「総裁批判は卑怯」(日経) に唖然だ。
●この発言は間違いではないのか? 信頼する野田の言葉とも言えない。
自民党内にその言葉が漂流し出していることも野田の言葉で逆に知らされた思いだ。 それほどにまでアベ批判が党内で公然と拡がっているのかとの思いだ。
卑怯なのはアベ政権、官邸の方ではないか? こんな基本的な認識でこれほどの差が生じて居ることこそが抑えられてそれに諄々と馴らされてきた議員どものやっと目覚めたのかという実に遅ればせながらのそれでも自然な感じがする。
それほどにアベという異次元のゾンビが齎したこの歪みとひずみがもう堪えきれなくなって吹き出した自然の現象である。 日本国民は今以て我慢強く理性的だと思う。 それなのにこの異物で自己中の塊で国民を自己の制約の中に閉じ込めんとする官僚的命令的な独断思考はもういま5年目にして燎原の火のごとく日本に燃え盛らんとする運動がいま始まってきているのは国民の常識が戦後71年にしても岩盤のごとく揺るぎないものとして屹立しているからだ。アベなんかのヘタレ政治に神聖な日本の苦難の道程をおもちゃを壊す如くい恣意的に好きにさせてはそのために何千万の国にさ避けた無垢の魂に申し訳ない。
いまだ国民に己が既に為した悪行の数々を隠蔽の上にさらに隠蔽して恥じないこんな国賊一味をなんで野田お嬢よ、庇い立てせねばならないんだ。 閣内に入ってすぐに政権から見て総裁、つまり党のとうとう始まったアベ批判はそれこそ理由があっての批判ではないか? もしお嬢が本当にそんな発言をしていたならば物凄く失望する有権者が要ると思う。 もし言い方が日経の端折り過ぎであったならばすぐにでも訂正してほしいものだ。 外部からは間違いなく閣内に入れば野田と言えどこれほどに変心するのかと実に大失望である。
アベの総理の犯罪とは迄はいまは言わないが国の根幹を歪めた私利私欲の犯罪に近い政治的大罪は絶対に許しがたく即退陣すべきだし、もうアベにはいくら猫だましの小手先を使ってもいちばん政治に大切な政治に対する信頼は、つまりアベに対する不信感は戻らない。 もうぶつぶつ言っても己の蒔いた反国民的仕業はもう元には戻らぬ。 実に元々の浅はかなおのれをば知ることだ。
そんな奴を期待の野田は援護するのか? 日経の報道の間違いであってほしい。
野田の言う卑怯の意味がまったく分からない。 それはアベのことの間違いだろう?
参考 日経記事
野田総務相「総裁批判はひきょう」
2017/8/8 17:13 日本経済新聞 電子版
インタビューに答える野田総務相(8日午後、総務省)
 内閣改造で入閣した野田聖子総務相は8日、日本経済新聞社などのインタビューで「非常に苦しんでいるときに、いたずらに今いる(安倍晋三自民党)総裁を仲間が批判して政権を弱くするのはひきょうなことだ。今まで外野で言っていたことを同じテンションで、中できちっと伝えることが必要とされているのではないか」と述べた。
 来年9月に予定されている自民党総裁選への出馬については「いま決め打ちすることは考えていないが、方向性としてはそこは進んでいく」と述べ、改めて出馬への意欲を示した。2015年の総裁選では推薦人20人が集まらず、出馬を断念した。推薦人について「自分の仕事を通じ、いろんなリストが増えてくるといい」と語った。
 NHK改革については「全般的にみて一般国民からの批判があることも事実だ。受信料やガバナンスの問題など色々あるなかで、しっかりと公共放送としてやるべきことをやっているかどうかも検討し対応してほしい」と話した。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。