So-net無料ブログ作成

官邸と官僚の場外バトル

2017/6/16 (敬称は省略します)
官邸と官僚の場外バトル
●官邸が仕切る内閣府寄せ集め浪人出向軍団と山本(いかにも悪人面)内閣府特命担当大臣(地方創生、規制改革)、まち・ひと・しごと創生担当、行政改革担当、国家公務員制度担当とが入り組んで加計問題で文科省で前前川次官との最後の綱引が佳境に入っている。野党、とくに民主の存在感のなさを飛び越えて政府は強行突破したが、全くの国民不在の出鱈目さ。 迫りくる都議選をまじかに控えての更なる国民不在への暴慢暴挙に徹する構え。 この前川の砲弾を抱えての自爆テロがどこまで功を制するかは微妙である。 文部官僚が省を挙げて官邸と内閣府にどこまで抵抗できるか。 やはりそれはそれとして広く現政権の既得権益に執着する岩盤規制の背反インチキというよりはまさにそのものの我田引水国有財産払い下げの犯罪的行為を都議選において更なる国民審判の場で追及すべきだ。
それにしてもアベは盗人猛々しい本性をとうとう曝け出すまでの状況に自らが
ハマってしまっている。国民はそれでも冷静だ。そろそろこのドロボー狂いネコにこん棒のどつきをかます絶好のチャンスである。道徳性のない道外れた反知性のドロボー軍団に、それにしても菅というのもアベに染まって本性を顕してしまった。 それは当たらないのなんという傲慢さ。それと自民の副総理辺りのなんという見て見ぬふり。 こんな腐った政権にはそろそろアメリカの天井相場の終末で日本経済もお相伴の反省を促す絶好の経済環境の落ち目が近づいている。 アベ二枚底上げインチキ政治よさようならだ。 まさにハシタナイのドタバタ・ドサ周りチンドン屋劇団ご一行である。
そろそろ仕事師の二階の出番だ。ひとつまた゛時間のある死出の旅の置き土産に国に奉公してほしいものょ。 菅がこんな卑劣な裏街道の越後屋の本性を顕すとは。 こいつのいうそれは当たらないは、考えれば失礼な奴だ。
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0