So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

議員年金だって?

2017/11/17 (敬称は省略します)
議員年金だって?
●まだ今以上に議員の待遇を求める、この増長増慢の自民の政治感覚の市民とのアホらしい隔離。まさに2-3日まえにネットで散見したが、自民筋からのものだ。 まあ選挙が終わってすぐのど厚かましさには呆れる。 いったいどれほどの議員の義務を熟してのとだ? 国難とか言っておいて危機ばかりを言い募って一方で己らの議員の義務は横着三昧で放棄ばっかり。 本当にどの面下げてこの国会が始まってすぐのこんなバカげた話が!!!
もう盛りだくさんの議員特権の山盛りの上にこんな国民無視は、またまたの自民の先祖返りのしがらみ政治への逆戻りへの手痛い国民のしっぺ返しをもう忘れたのかとほとほと呆れる始末だ。
こんな時にまさかのアホアベは違う案件で、国会議員の待遇のことは議会で議員がお決めになることと知らんぷりの無責任を必ず決め込む。これが堕落自民のむいつも落ち込む既定路線のしがらみのまさに柵本線回帰なのだ。 まさか野党もその節になって無言を決め込む積りはあるまいなぁとは念じるものの、いま小池優柔無策の果てに見事に脳天逆落としの喜劇のおんなに成り下がって民主党を爆破してしまった現在、野党にその力が残っているかが心配だ。 他国の議員と較べてもっと優遇・看過されていことはすべて棚に上げて、こういうことだけを論うのが日本の自民の浅はかな依怙贔屓な我田引水の再来が危機を謳う裏で画策されていることに注目だ。 とにかく今の国会議員どもはカネに関しては与野党問わずにだらしがない。 もう政官財学丸ごといずれまたまた壁にど頭ぶつけるまで、いやアベノミクスのどどのつまりの失敗に行き着くまで突っ走って墓穴を掘らないと分からない危険がもう少し近い先に達しているのに。
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0) 

浮き草・風任せのヤバイ風潮はエエカッコしいのアベのインチキが元凶

2017/11/17 (敬称は省略します)
浮き草・風任せのヤバイ風潮はエエカッコしいのアベのインチキが元凶
●圧力ばかりで世界が対話を言っているのにアホの一つ覚えの一周遅れの国、日本。 ここまでアメリカに操を捧げ尽くしてはさしものアメリカもいずれウザくなってくるときがあろう。 とにかくイラク・イランやアフガンの山奥や、砂漠で戦争をするのとはドダイ違うのだ。 基本の前提が全く違うのに気が付かないこの認識できないアホさはもう極め付き。 やはりアメリカは中国とは基本的に不戦なのだし、戦争はもうできないのだ。 アメリカを好きなのは日本だけではない。 中国もアメリカは嫌いではなくむしろ好きで必要としているんだ。。 本当はいずれアメリカは日本をウザいと思ってくるし、それに気が付かないといずれ煩わしく思われる。 アメリカは極め付きで自己完結できるが日本はそうでない。
罪は飛んで火に入る、いやアメリカに媚び尽くしてアメリカに利用されるインチキ・アベ政治の罪は重すぎる。 それはいずれ国民に降りかかるのだ。 アベノミクスの大失敗の津波がこれから被ってくる。 アベが辞めた後にこの災難が日本にやってくる。 もっと謙虚にならないと。 日本はそれほど信用されてはいないのだ。 
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0) 

今の日本の政治家はどれもこれもトントン以下

2017/11/16 (敬称は省略します)
今の日本の政治家はどれもこれもトントン以下
●とくにオトコだけではなくオンナも似た者と言うべく男も男なら女もそうだ。
もう言うのも辛気臭いので黙っていたが、小池のつるべ落としの自分で滑っていざまはもう漫画だ。 相当の人々は余りな厚顔無恥にはアベにも勝るとも劣らない厚化粧ぶりで思わず石原のセリフを思い出したものだ。 まさかここまでのおばんはんとは思いもよらなかった。 希望の創業者として云々の言葉も冷めやらぬすぐ後で代表を引き下がったというが、平の関与者としての関りは残しているらしい。 それの根拠がおカネ、それも元々は民進に帰属していた
政党助成金というらしい。 もう希望のおとこ達は小池とは無縁になったほうがいい。 いまも断腸の思いの衆院選での崖からの飛び降り断念はやればもう無茶苦茶の知事放棄の暴挙だったが今のままの死に体の知事ではもう知事も実質死ぬことになる。おなじ爆死するならばアベを瀬戸際まで首皮一枚まで追い込んで死ねばよかったものをといまさらの悔いが残る。 もう最近のオンナの政治家どもはどれもこれも腹立たしいのばかりだ。 それと加えたいのは弁護士あがりが世にのさばって・・・・・江戸明治の昔からいわゆる代言という人種はもともとゲスの人間の意味を含んだ八百代言もそうだが、なまじ普通の人種ではない悪意の混じった揶揄を含んだものだ。 もう世に弁護士とかいう口だけの屁理屈人種が増えて世を弄んでいるのが多すぎる。 まさに口だけ方便で世渡りする卑しい部類に属する連中が政治にも入ってきて屁理屈で世渡り戦としている。 政治の堕落には口先だけのこういうのに影響を受けすぎているのは問題だ。 
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/


nice!(0)  コメント(0) 

今の日本の政治家はどれもこれもトントン以下

2017/11/16 (敬称は省略します)
今の日本の政治家はどれもこれもトントン以下
●とくにオトコだけではなくオンナも似た者と言うべく男も男なら女もそうだ。
もう言うのも辛気臭いので黙っていたが、小池のつるべ落としの自分で滑っていざまはもう漫画だ。 相当の人々は余りな厚顔無恥にはアベにも勝るとも劣らない厚化粧ぶりで思わず石原のセリフを思い出したものだ。 まさかここまでのおばんはんとは思いもよらなかった。 希望の創業者として云々の言葉も冷めやらぬすぐ後で代表を引き下がったというが、平の関与者としての関りは残しているらしい。 それの根拠がおカネ、それも元々は民進に帰属していた
政党助成金というらしい。 もう希望のおとこ達は小池とは無縁になったほうがいい。 いまも断腸の思いの衆院選での崖からの飛び降り断念はやればもう無茶苦茶の知事放棄の暴挙だったが今のままの死に体の知事ではもう知事も実質死ぬことになる。おなじ爆死するならばアベを瀬戸際まで首皮一枚まで追い込んで死ねばよかったものをといまさらの悔いが残る。 もう最近のオンナの政治家どもはどれもこれも腹立たしいのばかりだ。 それと加えたいのは弁護士あがりが世にのさばって・・・・・江戸明治の昔からいわゆる代言という人種はもともとゲスの人間の意味を含んだ八百代言もそうだが、なまじ普通の人種ではない悪意の混じった揶揄を含んだものだ。 もう世に弁護士とかいう口だけの屁理屈人種が増えて世を弄んでいるのが多すぎる。 まさに口だけ方便で世渡りする卑しい部類に属する連中が政治にも入ってきて屁理屈で世渡り戦としている。 政治の堕落には口先だけのこういうのに影響を受けすぎているのは問題だ。 
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0) 

トランプのアジア周遊の最後っ屁

2017/11/14 (敬称は省略します)
トランプのアジア周遊の最後っ屁

どうにも落ち着きのない独りよがり。 比での最後の締めくくりの会議をティラーソン国務長官に丸投げして繰り上げ帰国。 
成果として3000億ドルの受注を喧伝した。 中国から2500億ドルのいわゆる28兆円と残りは多分日本への武器輸出の500億ドル、つまりは5.6兆円だがこれはゴルフ場で決めたのかオフレコだ。
この御仁まさにDEALの人。 政治家ではないということだ。 アメリカは政治大国から商人大国に成り下がったか?
北の圧力をトランプは日本に最大利用した。 さすればこれからもの利用を考えて北をぶっ潰すことは損得から見てあり得ないと言える。 日本は永久にアメリカの次の州から脱し得ないのも道理だ。
そして中国が習の平定によって実質的にG2となる。 トランプが消え、いずれアベもまもなく潰えれば世界は習と辛うじてプーチンだけが生き残る?
それにしてもトランプは2期8年は持たない。もしそうであればいま71才だから79才で2024年までと言うことになる。 無理だ。
日本はどうする? それにしても日本の次は小泉進次郎に頼まないと本当に人材がいない。 アベは性格が陰険で姑息だから次を極力育てていないが進次郎だけは流石に純一郎が陰で育てた逸材だ。 
それにしても中国の習と李の対日姿勢の軟化は気味が悪いがこの二人で平定が成った自信がみえみえ。
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0) 

中国・習主席の長期政権確立がアジアの安定に寄与

2017/11/13 (敬称は省略します)
中国・習主席の長期政権確立がアジアの安定に寄与
●毛沢東・鄧小平に続いて習は中国を平定したようだ。 中国はこれで安定する国柄だ。 その落ち着きが最近のアジア時代の興隆に向けて明るい予兆を示している。 日本のアベに対しても寛容な受け入れの悠揚さを見せてきている。また未だ毀誉褒貶の定まらぬトランプに対しても堂々のそれなりの対応をしている。 そんな習であるが、トランプに対しては4年前のオバマ就任時の太平洋を米国とで分け分けしようとの自信回復の申し立てを今回改めてしたものだ。 西への一帯一路に並ぶ東への再チャレンジに習の広大な再チャレンジが見える。 アベには残念ながらチマチマした内政のしがらみ以上のアジアへの包括的な骨太の構想は劣るのは、習の中国平定の完成によるこんご10年近くの執政の期待に比べて、歴史的背景の分厚い構想力の貧困さであり、とくに彼自身のよって立つ歴史認識と知性の貧困さに起因しているのは誠に日本人として残念だ。 それは取りも直さずに明治以来の、とくに昭和の植民地主義の未清算の残滓を未だに自縄自縛から解き放てない放埓さを抱えていることである。 これは怠慢というには済まされないエエ加減さであり、アベ個人の資質によるところが多い。 とくに中国だけではなく、いま世界注視の北朝鮮問題の中にも対日未処理の問題のタネを孕んでいるのを見ても世界の中での日本の後ろ向きの未清算過去が今になっても日本の行動への無理解を生んでいるのである。
アジア特有の非合理な精神性を貴ばないで経済合理性だけで済まそうとするやり方では、アジアの心は捉えられない。 アベのアジアに対してのあの虚ろな自信の無さはもう習の堂々たる受け身での包容性の前では霞んでしまうほどの
圧倒感がある。 そんなときのアベの虚ろな泳ぎ目は一国のトップとしての堂々たる自信の無さに起因する。 ましてや己の政権の単なる長さだけに腐心する蒙昧な日本国の政治のマイナーな昨今、とくにアベ政権にその起因する責任は大きく、政治の空洞化と言われて久しい。 国家国民への理想と矜持がないのである。 こんな政治家がいつまでものほほんとして存在することこそが日本のある意味、根本的悲劇である。
最近、天皇の退位までに習が再度天皇への訪問を祈念しているという。 アベを尊敬できない国民には天皇の威厳の政治利用とかの懸念は別としても、いまの習が天皇在位中に来日と言うことには結構なことだと思う。 既に現天皇は随分前に訪中済みだし、習の来日は彼が主席でないときであったはずだ。
もしそれが実現されたら日本国民は改めて歓迎するだろう。 日本は中国とはそういう行ったり来たりの互恵関係であるべきだ。 
政治のうえに象徴天皇があるのは、敗戦による日本憲法の定めた高度の政治の智慧だ。 
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0) 

中国・習主席の長期政権確立がアジアの安定に寄与

2017/11/13 (敬称は省略します)
中国・習主席の長期政権確立がアジアの安定に寄与
●毛沢東・鄧小平に続いて習は中国を平定したようだ。 中国はこれで安定する国柄だ。 その落ち着きが最近のアジア時代の興隆に向けて明るい予兆を示している。 日本のアベに対しても寛容な受け入れの悠揚さを見せてきている。また未だ毀誉褒貶の定まらぬトランプに対しても堂々のそれなりの対応をしている。 そんな習であるが、トランプに対しては4年前のオバマ就任時の太平洋を米国とで分け分けしようとの自信回復の申し立てを今回改めてしたものだ。 西への一帯一路に並ぶ東への再チャレンジに習の広大な再チャレンジが見える。 アベには残念ながらチマチマした内政のしがらみ以上のアジアへの包括的な骨太の構想は劣るのは、習の中国平定の完成によるこんご10年近くの執政の期待に比べて、歴史的背景の分厚い構想力の貧困さであり、とくに彼自身のよって立つ歴史認識と知性の貧困さに起因しているのは誠に日本人として残念だ。 それは取りも直さずに明治以来の、とくに昭和の植民地主義の未清算の残滓を未だに自縄自縛から解き放てない放埓さを抱えていることである。 これは怠慢というには済まされないエエ加減さであり、アベ個人の資質によるところが多い。 とくに中国だけではなく、いま世界注視の北朝鮮問題の中にも対日未処理の問題のタネを孕んでいるのを見ても世界の中での日本の後ろ向きの未清算過去が今になっても日本の行動への無理解を生んでいるのである。
アジア特有の非合理な精神性を貴ばないで経済合理性だけで済まそうとするやり方では、アジアの心は捉えられない。 アベのアジアに対してのあの虚ろな自信の無さはもう習の堂々たる受け身での包容性の前では霞んでしまうほどの
圧倒感がある。 そんなときのアベの虚ろな泳ぎ目は一国のトップとしての堂々たる自信の無さに起因する。 ましてや己の政権の単なる長さだけに腐心する蒙昧な日本国の政治のマイナーな昨今、とくにアベ政権にその起因する責任は大きく、政治の空洞化と言われて久しい。 国家国民への理想と矜持がないのである。 こんな政治家がいつまでものほほんとして存在することこそが日本のある意味、根本的悲劇である。
最近、天皇の退位までに習が再度天皇への訪問を祈念しているという。 アベを尊敬できない国民には天皇の威厳の政治利用とかの懸念は別としても、いまの習が天皇在位中に来日と言うことには結構なことだと思う。 既に現天皇は随分前に訪中済みだし、習の来日は彼が主席でないときであったはずだ。
もしそれが実現されたら日本国民は改めて歓迎するだろう。 日本は中国とはそういう行ったり来たりの互恵関係であるべきだ。 
政治のうえに象徴天皇があるのは、敗戦による日本憲法の定めた高度の政治の智慧だ。 
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0) 

ともかくも疾風のトランプのアジア歴訪と北の命運。

2017/11/12 (敬称は省略します)
ともかくも疾風のトランプのアジア歴訪と北の命運。
●ある意味片肺飛行ながらもトランプは異例の空母3隻を北の日本海に配置して日韓も引き連れて合同軍事訓練を目前にようやく2日からのアジア長期歴訪の最終国フィリピンに向かう最終に到りつつある。やはりアジア時代の確実な到来と北の仕置きの前触れと意思表示である。オバマのアジア観とは異質な現実外交はある意味でオバマとそれ以前の数代のアメリカが積み残した過去の遺産の清算をトランプは迫られている。 その意味ではトランプのでしか成し得ない異形のアメリカの覚悟がそこかしこに発露されている。特にトランプのアメリカの内省が齎す損得の計算高さはこれからも自国ファーストの標榜の下、米国の国益優先を一層強めるのは間違いない。
その為に経済の再生は当然のことであり、たまたまオバマ時代の遺産がいまに引き継がれて世界はデフレ時代を払しょくする好景気の幕開けを謳歌する幸運に見舞われているのは、トランプの幸運である。 ただ一つ北朝鮮の負のレガシィが世界に、とりわけアジア東北に戦争の危機を招来していることが暗雲として暗い影を落としていることだ。 ひとつ間違えばやはり北攻撃は少なくとも来年央までには現実化は必至である。その時はトランプは退がらないし、中国は長い北との国境線から北に雪崩を打って侵入する。北は米中によって結果的に共同管理される。ロシアはどうみても沈黙だ。裏の仕掛け人のロシアは米中相手に戦争は出来ない。 北の命運はロシアの出方で決まっているのだ。 
日本は新たに韓国との協調時代を探ることになる。 北が無くなった後の米国と中国の管理の在り方がどうなるかの、ポスト北問題として浮上するのは間違いない。 とにかく熱い短い戦争はこの一年以内を待つまでもなく確実に起こる。しかしそれは長くはない。今の戦争は昔とは雲泥の差である。 
太平洋上で北が水爆の実験をすることは米国が許さない。 もう北は海上封鎖されているはずだ。 
https://www.facebook.com/?sk=welcome    http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0) 

ともかくも疾風のトランプのアジア歴訪と北の命運

ともかくも疾風のトランプのアジア歴訪と北の命運
●ある意味片肺飛行ながらもトランプは異例の空母3隻を北の日本海に配置して日韓も引き連れて合同軍事訓練を目前にようやく2日からのアジア長期歴訪の最終国フィリピンに向かう最終に到りつつある。やはりアジア時代の確実な到来と北の仕置きの前触れと意思表示である。オバマのアジア観とは異質な現実外交はある意味でオバマとそれ以前の数代のアメリカが積み残した過去の遺産の清算をトランプは迫られている。 その意味ではトランプのでしか成し得ない異形のアメリカの覚悟がそこかしこに発露されている。特にトランプのアメリカの内省が齎す損得の計算高さはこれからも自国ファーストの標榜の下、米国の国益優先を一層強めるのは間違いない。
その為に経済の再生は当然のことであり、たまたまオバマ時代の遺産がいまに引き継がれて世界はデフレ時代を払しょくする好景気の幕開けを謳歌する幸運に見舞われているのは、トランプの幸運である。 ただ一つ北朝鮮の負のレガシィが世界に、とりわけアジア東北に戦争の危機を招来していることが暗雲として暗い影を落としていることだ。 ひとつ間違えばやはり北攻撃は少なくとも来年央までには現実化は必至である。その時はトランプは退がらないし、中国は長い北との国境線から北に雪崩を打って侵入する。北は米中によって結果的に共同管理される。ロシアはどうみても沈黙だ。裏の仕掛け人のロシアは米中相手に戦争は出来ない。 北の命運はロシアの出方で決まっているのだ。 
日本は新たに韓国との協調時代を探ることになる。 北が無くなった後の米国と中国の管理の在り方がどうなるかの、ポスト北問題として浮上するのは間違いない。 とにかく熱い短い戦争はこの一年以内を待つまでもなく確実に起こる。しかしそれは長くはない。今の戦争は昔とは雲泥の差である。 
太平洋上で北が水爆の実験をすることは米国が許さない。 もう北は海上封鎖されているはずだ。 
https://www.facebook.com/?sk=welcome    http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0) 

孤立しているやに見える米国を癒す日本

2017/11/5 (敬称は省略します)
孤立しているやに見える米国を癒す日本
●たまたま変わり者の日米のトップがいま世界でも注目のホットな友好関係を繋いでいる。 そのトランプが今日初来日。 きのうまで娘のイバンカも父親に先駆けて異例の好待遇で入れ替わりだ。 アベは東京で開催された彼女ら世界の女性の推進会議にこれまた異例の57億円も拠出したという。 欧米で不人気のトランプをひとり日本が持ち上げている。 田舎者日本と言われかねないいつものカネのバラマキだ。
アベとトランプはサイコパス二人組とわたしは常々言っている。 まあ似た者同士と言ってよい。 アベは最後の最後までクリントン女史を時期大統領と信じ切ってねトランプになった時は周りの官僚の情報収集の下手さに怒り狂ったくせに。
今では、二人とも二人してお互いを鼓舞している。 北の問題は
むしろ日本にとっては米国とは問題にならないくらい敏感で死活に関わる身近な問題だ。表向きでも関係が悪いよりはいいのは当然よろしい。
しかしその上にも米国だけでなくやはり中国との関係是正は日米に負けずとも劣らぬ大事な二国間関係のはずだ。 アベもトランプもその点では好きでないこととそうではないことにあまりにも大きな落差があり過ぎだ。
政治は好き嫌いでやるものではなかろうが、二人を見ているとそう見える。
中国の習は今回の5年に一度の共産党大会で就任時にオバマに期待した米中で太平洋を分け分けする野望が潰えて、米国との二国間の大国外交は蔵に仕舞ってしまった。 北があるからだけの日米関係だけでは先行き心もとない。 ましてや足元に危機迫るトランプの先行きは以前に増して何があるか分からない。 EU離脱で米国とも溝が出来ているメイ英国をよくよく注視。 それにしてもメルケルの安定したあの後姿の大きなお尻は非常な安定感だし、あの願容の中の像のような安らかなお目目は慈母のように国民に安心感を齎している。 ときどきドイツ国民は幸せだと思うことがある。メルケルがいる限りは。
それに引き換え、アベのあの会議のときの泳ぐような辛気臭い目は落ち着きが今もない。 それに加えて足元でロシアゲートの足音が身近に迫るのに粋がるトランプはやはり何かがあるとの予感は北の問題ばかりではない不気味さを内包しているかもしれない。 あべもいまだモリカケの消せない刺青に心底では自分にはウソが吐けない苛立ちがあの辛気臭い虚ろな泳ぎ目だ。 まさに同病相哀れむの傷を掛け持つ二人は一時の憂さをゴルフで雲散霧消できのであろうか?
https://www.facebook.com/?sk=welcome 
http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0) 
前の10件 | -