So-net無料ブログ作成
前の10件 | -

維新はいまどこを走っているか?

2017/12/15 (敬称は省略)
維新はいまどこを走っているか?
●もう草莽の頃の俤何処。 橋下なきあと可なりになった。 国政と地方へのエネルギー分散は結局は虻蜂取らずでへんてこりんな自民ムラ衆の一角に勝手に擦り寄る追っかけ郎党集団だ。 自民本体から見れば別に頼んだわけではない。 もし創成期の熱が幾分でも戻るとしたら大阪都の住民投票で勝利した時だろう。 それでも往時の維新熱は炎上しないだろう。 橋下去ってもう数年ちかく、アベ辺りはいまだ政界一旦緩急あれば橋下をとの思いはいまだ燻っているのかもしれないが、往時の橋下の外交感覚の未熟さから改めて国政でラブローコールがふたたび再来することは絶対にないといってもよい。 要はいまツイッターで橋下サロンめいた政談コーナーで憂さをはらしているのが精一杯ということらしい。 もうその意味では政治的には休火山とみていい。もう住民投票がすめば維新はその根本的存在を改めて問われることになる。とくに国政維新はもう勢力後退の昨衆院選の敗退が示すように退潮著しい。 これが維新だったのかと情けなる醜態をいまも晒し続けている。 帰れ大阪へ。
結局はそれまでの政党であったことを証明した。 本当に全国区になれなかって鶏にならずにひよこのちよっと上で終わった感じ。 ともかく国政から大阪へ。 迷ったら原点回帰。 そこに本当の解がある。 要は元々がそれだけの集まりだったのだ。 維新というのは!! 橋本は政治談議ツイッターコーナーの
主催者で吠えているのがお似合いだ。 そんなマスコミ人で憂さを晴らしておればいい。もう過去の人。
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0) 

新幹線初めての重大事故認定

2017/12/13 (敬称は省略)
新幹線初めての重大事故認定
●今回初めて車体本体に関わるという。 だれしも真っ先に思い浮かべたのは神戸製鋼はじめ最近の立て続けの日本の素材メーカーの品質虚偽事件が頭をよぎったに違いない。 輸出もあるので世界にまで拡がってこれからが金銭に絡む金額訂正や品質虚偽の裁判がわんさと立ち上がることだろう。 まさに日本の中だるみの恥が始まる。 うんざりなことだ。 日本人はトヨタ神話を我々年代はいちばんの誇りとしている。 以前には松下電器やソニーなど電機メーカーも入っていたがシャープの崩壊から(いくはまた一部昇格だが言っても台湾資本で外国メーカーだ)サンヨーなどもう電器は日本のリーディング産業ではない。 もうダントツの日本のレガシィはトヨタに象徴される。とにかく表立った醜聞を聞いたことがない。 そして企業の顔たる製品はたぶん顧客満足ドNO.1だ。 もしトヨタに何かあれば新幹線が何かあるのとおなじショックであろう。 それほどにトヨタは日本そのものを代弁している。 
電気自動車時代が中国の国家的支援でいずれガソリン車に取って代わる勢いで、中国はその分野で世界一を狙っている。 勢いからすれば技術も併せてその可能性はある。 然しながらやはりトヨタが中国の後塵を拝するのは残念だ。トヨタお得意の複雑な組み立てに比べて電気自動車はボンネットを開けるとなにかあっさりしていてトヨタの技術集団総合力からすれば腕力が余ってしまう。
世界の石油からの脱却は自然の流れでこれは人類の進歩のためにも電気は優れている。 さすればトヨタはもちろん電気自動車でもそれなりの力は勿論きっきしてもダントツの一位は無理だろう。 つぎにトヨタの向かうところはどこなんだ? ホンダの飛行機に倣ってトヨタの飛行機も悪くない。 日本の三菱がよたよたダッチロールしている。 喝を入れるために大空にトヨタの飛行機がそれも大型旅客機が飛翔するのは出来ればたのしい話だ。 わたしは贔屓で言うのではない。 戦後日本の頂点のリーディングカンパニイはトヨタあるのみだ。 
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0) 

新幹線初めての重大事故認定

2017/12/13 (敬称は省略)
新幹線初めての重大事故認定
●今回初めて車体本体に関わるという。 だれしも真っ先に思い浮かべたのは神戸製鋼はじめ最近の立て続けの日本の素材メーカーの品質虚偽事件が頭をよぎったに違いない。 輸出もあるので世界にまで拡がってこれからが金銭に絡む金額訂正や品質虚偽の裁判がわんさと立ち上がることだろう。 まさに日本の中だるみの恥が始まる。 うんざりなことだ。 日本人はトヨタ神話を我々年代はいちばんの誇りとしている。 以前には松下電器やソニーなど電機メーカーも入っていたがシャープの崩壊から(いくはまた一部昇格だが言っても台湾資本で外国メーカーだ)サンヨーなどもう電器は日本のリーディング産業ではない。 もうダントツの日本のレガシィはトヨタに象徴される。とにかく表立った醜聞を聞いたことがない。 そして企業の顔たる製品はたぶん顧客満足ドNO.1だ。 もしトヨタに何かあれば新幹線が何かあるのとおなじショックであろう。 それほどにトヨタは日本そのものを代弁している。 
電気自動車時代が中国の国家的支援でいずれガソリン車に取って代わる勢いで、中国はその分野で世界一を狙っている。 勢いからすれば技術も併せてその可能性はある。 然しながらやはりトヨタが中国の後塵を拝するのは残念だ。トヨタお得意の複雑な組み立てに比べて電気自動車はボンネットを開けるとなにかあっさりしていてトヨタの技術集団総合力からすれば腕力が余ってしまう。
世界の石油からの脱却は自然の流れでこれは人類の進歩のためにも電気は優れている。 さすればトヨタはもちろん電気自動車でもそれなりの力は勿論きっきしてもダントツの一位は無理だろう。 つぎにトヨタの向かうところはどこなんだ? ホンダの飛行機に倣ってトヨタの飛行機も悪くない。 日本の三菱がよたよたダッチロールしている。 喝を入れるために大空にトヨタの飛行機がそれも大型旅客機が飛翔するのは出来ればたのしい話だ。 わたしは贔屓で言うのではない。 戦後日本の頂点のリーディングカンパニイはトヨタあるのみだ。 
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0) 

中国の科学教育志向は半端ではない。 

2017/12/12 (敬称は省略)
中国の科学教育志向は半端ではない。 
●もう今現在でも中国の科学水準はどうやら日本を追い抜いたようだという識者が出始めている。。 GDPで何年か前に追い抜かれた衝撃を忘れない。 今日本のもう2.5倍だ。 もうすぐ国民一人あたりも迫ってきている。 とにかく科学分野への振り向け予算はもう月とスッポンの隔絶。 いずれ日本が世界の中心と仰いだ600年半ばごろの中国の唐の時代をいまに再現せしめんとの夢の実現があるかもしれない。 あの当時の唐の都は世界都市で長安の都にはペルシャの女性も色町で媚びを売っていた。 いまに井上靖の敦煌を想う。 
一昨日NHKの精力的番組で、東京大学の最近の大きな論文不正事件2つを放送していた。 何とも視ていてこれが今の日本の科学技術の前線部隊の最高学府の有様かと目を疑う現実であった。 目の前の予算獲得のために世界の超一流科学雑誌にインチキ論文をいずれバレる筈なのに目前の研究予算の不足当て込んで、それもかなりの競争なのだが取り上げてもらって日本の予算審査当局からまえどりの予算獲得を敢えてやっていたのだ。 もうまるで信じられない最先端の予算奪取現場の現実だ。 その点中国はもうあんな一瀉千里の共産国家だから傾斜方式で重要科学分野には重点的に資金を振り向ける。 その筋の人はもうまるで競争にならないと彼我の在り様に匙を投げているそうだ。 ノーベル賞で一躍有名になった山中教授はご本人の特別の努力とラッキーさもあっていまは年間60億を貰っているそうだが、それまでの無名の時の予算獲得の涙ぐましい昔の話をTVで視たことがあるが、まずは研究よりも室の予算にかけるエネルギーは相当なストレスらしい。 予算が満足にいかなければそのグループの20-30人のグループはカネが回らないとすぐ解散になるそうだ。 いずれにしてもアメリカと中国の予算の豊富さは日本では考えられないほどのものらしい。 もう忖度の世界ではなく理論はいずれ実証にて具現化されなければリタイア―だ。
この差が10年20年先に大きな差となってくる。 じつに心配だ。東大にしてこれだからというのと、東大だから甘いというのもある。 
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0) 

中国の科学教育志向は半端ではない。

2017/12/12 (敬称は省略)
中国の科学教育志向は半端ではない。 
●もう今現在でも中国の科学水準はどうやら日本を追い抜いたようだという識者が出始めている。。 GDPで何年か前に追い抜かれた衝撃を忘れない。 今日本のもう2.5倍だ。 もうすぐ国民一人あたりも迫ってきている。 とにかく科学分野への振り向け予算はもう月とスッポンの隔絶。 いずれ日本が世界の中心と仰いだ600年半ばごろの中国の唐の時代をいまに再現せしめんとの夢の実現があるかもしれない。 あの当時の唐の都は世界都市で長安の都にはペルシャの女性も色町で媚びを売っていた。 いまに井上靖の敦煌を想う。 
一昨日NHKの精力的番組で、東京大学の最近の大きな論文不正事件2つを放送していた。 何とも視ていてこれが今の日本の科学技術の前線部隊の最高学府の有様かと目を疑う現実であった。 目の前の予算獲得のために世界の超一流科学雑誌にインチキ論文をいずれバレる筈なのに目前の研究予算の不足当て込んで、それもかなりの競争なのだが取り上げてもらって日本の予算審査当局からまえどりの予算獲得を敢えてやっていたのだ。 もうまるで信じられない最先端の予算奪取現場の現実だ。 その点中国はもうあんな一瀉千里の共産国家だから傾斜方式で重要科学分野には重点的に資金を振り向ける。 その筋の人はもうまるで競争にならないと彼我の在り様に匙を投げているそうだ。 ノーベル賞で一躍有名になった山中教授はご本人の特別の努力とラッキーさもあっていまは年間60億を貰っているそうだが、それまでの無名の時の予算獲得の涙ぐましい昔の話をTVで視たことがあるが、まずは研究よりも室の予算にかけるエネルギーは相当なストレスらしい。 予算が満足にいかなければそのグループの20-30人のグループはカネが回らないとすぐ解散になるそうだ。 いずれにしてもアメリカと中国の予算の豊富さは日本では考えられないほどのものらしい。 もう忖度の世界ではなく理論はいずれ実証にて具現化されなければリタイア―だ。
この差が10年20年先に大きな差となってくる。 じつに心配だ。東大にしてこれだからというのと、東大だから甘いというのもある。 
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0) 

中国の科学教育志向は半端ではない。 

2017/12/12 (敬称は省略)
中国の科学教育志向は半端ではない。 
●もう今現在でも中国の科学水準はどうやら日本を追い抜いたようだという識者が出始めている。。 GDPで何年か前に追い抜かれた衝撃を忘れない。 今日本のもう2.5倍だ。 もうすぐ国民一人あたりも迫ってきている。 とにかく科学分野への振り向け予算はもう月とスッポンの隔絶。 いずれ日本が世界の中心と仰いだ600年半ばごろの中国の唐の時代をいまに再現せしめんとの夢の実現があるかもしれない。 あの当時の唐の都は世界都市で長安の都にはペルシャの女性も色町で媚びを売っていた。 いまに井上靖の敦煌を想う。 
一昨日NHKの精力的番組で、東京大学の最近の大きな論文不正事件2つを放送していた。 何とも視ていてこれが今の日本の科学技術の前線部隊の最高学府の有様かと目を疑う現実であった。 目の前の予算獲得のために世界の超一流科学雑誌にインチキ論文をいずれバレる筈なのに目前の研究予算の不足当て込んで、それもかなりの競争なのだが取り上げてもらって日本の予算審査当局からまえどりの予算獲得を敢えてやっていたのだ。 もうまるで信じられない最先端の予算奪取現場の現実だ。 その点中国はもうあんな一瀉千里の共産国家だから傾斜方式で重要科学分野には重点的に資金を振り向ける。 その筋の人はもうまるで競争にならないと彼我の在り様に匙を投げているそうだ。 ノーベル賞で一躍有名になった山中教授はご本人の特別の努力とラッキーさもあっていまは年間60億を貰っているそうだが、それまでの無名の時の予算獲得の涙ぐましい昔の話をTVで視たことがあるが、まずは研究よりも室の予算にかけるエネルギーは相当なストレスらしい。 予算が満足にいかなければそのグループの20-30人のグループはカネが回らないとすぐ解散になるそうだ。 いずれにしてもアメリカと中国の予算の豊富さは日本では考えられないほどのものらしい。 もう忖度の世界ではなく理論はいずれ実証にて具現化されなければリタイア―だ。
この差が10年20年先に大きな差となってくる。 じつに心配だ。東大にしてこれだからというのと、東大だから甘いというのもある。 
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0) 

習中国が日本に振りむく様子

2017/12/10 (敬称は省略)
習中国が日本に振りむく様子
●習国家主席の中国共産党大会での席巻がいよいよ始動し出した。 政策の推進目玉は一帯一路だ。 そのために新たに日本にも参加要請のための対日アプローチの新攻勢が強まっている。 その中心は対日強硬派であった王毅外務大臣だ。 彼が習政権の外交振り子を対日宥和に切り替えつつあるようだ。 
間違いなく今回の大会で長期政権の手形を獲得した習は偉大なる中国習王朝を意識している。 その具体的構図は一帯一路の具現化である。 その為にも一旦は日中の軋轢に翻弄された対日政策の軌道修正から一帯一路に日本を引き入れることに方向を転じるものとする。 これは双方にとって必要とされるものだ。 北を巡る安全保障は勿論喫緊のアメリカとの安保政策を巡る重要な問題でもあるが、余りなアメリカ一辺倒は日本の大陸との関係にも影を落とすことにもなる。 その中核はやはり対中問題の整理整頓だ。 対米に偏り過ぎることは起き上がりこぶしから見ても偏重に過ぎることは日本にはマイナスだ。少なくとも北問題にも日中問題の近接度は非常に大切で、そのことについても対米経由では国家の外交バランスからも余りな外交放棄である。 
いずれ王毅だけでなく習主席の天皇退位前の再訪日は習の天皇への忖度もあって日中の仕切り直しの一環として必ずあり得るものと思うし、王毅外務もそれにフォローして首脳陣の訪日とその間にアベの訪中がどのように実現するかで
日中の積年のトゲが緩和されるはずだ。  いずれにしても動くのは中国サイドからであり、日本はその受け身のタイミングを絶対に外してはならない。
もちろんこのことは対北政策にもアメリカの関与から脱して日本が積極的に対中外交に乗り出せるいろいろの可能性を秘めている。 またアメリカ外交に埋没しかねないためにも日本にとってはまたとない久しぶりの独自外交を開眼する得難いチャンスである。
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(0)  コメント(0) 

アメリカ・トランプとユダヤ・イスラエルの突如のエルサレム認定

2017/12/8 (敬称は省略)
アメリカ・トランプとユダヤ・イスラエルの突如のエルサレム認定
●最近のアメリカはとにかくトランプに象徴されるように自身の整理整頓に歴史を遡って自分のアイデンティティを掘り起こしている。まずは混乱の中で個人と同じく自分探ししている。 いわくそれがアメリカンファーストに代表されるトランプの出現だろう。 それのひとつの表れがイスラエルの首都を唐突にもテルアビブからエルサレムに変えるべくトランプが長年の凍結法案を変えたことだ。 猛烈なイスラム諸国の反対に同調するヨーロッパの主要国のすぐさまの猛反対の嵐。 西洋世界はキリスト文明より古い昔から同根の先輩宗教のユダヤ教を排撃した長い経緯はいまに続いている。 濃密な家族であるトランプの娘の旦那はユダヤ教である。 戒律の厳しい宗教であるユダヤ教に理解のあるトランプは自己の確信におそらく物凄く厳しく忠実で他にも同調を求める激しい主義の人だろう。 これからはもしこの政権がどのようにダッチロールしながらも一期四年をもし全うすればまだあと3年はフルにあるのだ。 
これで丸一年、まさしく予想に反しない荒ぶる形破りのトランプの一年はいまもさすらいつつ世界の常識と安穏にアメリカンファーストのかがり火を世界に着けて回っている。必ずや日本に対しても是非もないときは彼はアメリカと己の信念を貫くことは間違いない。 トランプ・アメリカはきっと柔な忖度なんぞ絶対に通じない。 
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(1)  コメント(0) 

アメリカ・トランプとユダヤ・イスラエルの突如のエルサレム御幸

2017/12/8 (敬称は省略)
アメリカ・トランプとユダヤ・イスラエルの突如のエルサレム御幸
●最近のアメリカはとにかくトランプに象徴されるように自身の整理整頓に歴史を遡って自分のアイデンティティを掘り起こしている。まずは混乱の中で個人と同じく自分探ししている。 いわくそれがアメリカンファーストに代表されるトランプの出現だろう。 それのひとつの表れがイスラエルの首都を唐突にもテルアビブからエルサレムに変えるべくトランプが長年の凍結法案を変えたことだ。 猛烈なイスラム諸国の反対に同調するヨーロッパの主要国のすぐさまの猛反対の嵐。 西洋世界はキリスト文明より古い昔から同根の先輩宗教のユダヤ教を排撃した長い経緯はいまに続いている。 濃密な家族であるトランプの娘の旦那はユダヤ教である。 戒律の厳しい宗教であるユダヤ教に理解のあるトランプは自己の確信におそらく物凄く厳しく忠実で他にも同調を求める激しい主義の人だろう。 これからはもしこの政権がどのようにダッチロールしながらも一期四年をもし全うすればまだあと3年はフルにあるのだ。 
これで丸一年、まさしく予想に反しない荒ぶる形破りのトランプの一年はいまもさすらいつつ世界の常識と安穏にアメリカンファーストのかがり火を世界に着けて回っている。必ずや日本に対しても是非もないときは彼はアメリカと己の信念を貫くことは間違いない。 トランプ・アメリカはきっと柔な忖度なんぞ絶対に通じない。 
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(1)  コメント(0) 

80隻未満の北ボロ木造軍所属漁船の漂着は既に危険なダミー

2017/12/6 (敬称は省略)
80隻未満の北ボロ木造軍所属漁船の漂着は既に危険なダミー
●既に小型潜水艇等による夜間の手薄地区への侵入が実行されている。 もう昔の拉致どころではない。 軍主導の秘密上陸作戦はかなり前から進められている。 ある日突然に日本のターゲットに地上工作員が重点目標に襲い掛かる手はずになっているかも。 ことし後半に集中している不審軍支配下のボロ漁船は死体や生きて者や健常の者あり、また北海道の無人島にいつの頃からか無断不法上陸の上施設の設備や衣食料を強奪していま保安庁の監視下にあるという。 なにを今頃海上保安庁のバカモンが。
これは北の制裁の浸透を表向き、カモフラージュする詐術である側面が強い。 もしかなりの工作員が這い込んでいるとすれば、日本は食料天国だし北の人間からすれば、もし北の在日などの水面下の繋がりと支援があればこれからも続々と秘密裏に仮装侵入は可能だ。 ミサイルなどの上ばかりに目を奪われていてはいかん。 海岸の大地を暗夜に匍匐上陸していることは間違いない。 まさに灯台もと暗しなんだろう。 ミサイルなんかというものに目を奪われている反面、北は足元の人間という原始的武器を使い始めている。 要注意じゃなかろうか?
北のルーツは北方ツングースから遊牧モンゴリアンだ。 農耕漁労育ちの日本人とはドダイ違う。 もともと馬をよくする習性がある。必然的に土にへばりつく農耕民をバカににする。尊大だ。 略奪したり人を浚うことはざらである。 
また教育しにくくて人の意見を聞かない。 強い者にはへいこらと従う。
詰りは教育・教養がたらない。 こういう北の人間としての民度が低いのが
日本に侵入してくる。 いやはやもう来ているのだ。 もういわゆる拉致どころではない。 関東、とくに東京や公的重要拠点はもはや準戦時体制下にあるといっても過言ではない。 それくらいの体制保持が肝要かも。 いずれにしてもあの80隻未満のボロ船はカモフラージュだと思っておいた方がいい。
日本海側がヤバイ。 
税金はこんなところに重点配布せんとイカン。 地方のそんな明らかになった自治体は予算がもう使い切って足ぬという。 配慮せょ。 もう上級自治体か国の出番だろう。
https://www.facebook.com/?sk=welcome   http://www.new-life-club.com/bizdoor/

nice!(1)  コメント(0) 
前の10件 | -